2016年11月28日あさチャンのあさトクは、乳酸キャベツレシピ。
簡単に作れる、健康に良い、おいしいと今大人気の乳酸キャベツは、自宅で簡単にできる発酵食品。
乳酸キャベツの効果、基本的な作り方、アレンジレシピが紹介されていました。
発酵が失敗したかも?のときに注意するべき臭いについても紹介されていました。

乳酸キャベツの作り方

教えてくれるのは、乳酸キャベツの名付け親である料理研究家の井澤由美子さん。

乳酸キャベツ

●材料
・キャベツ・・・1個
・粗塩・・・小さじ4
・きび砂糖・・・小さじ1/2

●作り方
1、キャベツ1個をなるべく細切りにする。

2、(1)のキャベツの半量をジッパー付き保存袋に入れ、粗塩(小さじ2)を加える。
袋の上から手でもみ込んで、塩をなじませる。

3、残りのキャベツを(2)の袋の中へ入れて、粗塩(小さじ2)・きび砂糖(小さじ1/2)を加えて、さらにもみ込む。

4、保存袋ごとバットに入れたら、手で抑えて余分な空気をしっかり抜き、袋を閉じる。

乳酸キャベツ 作り方 画像

5、(4)にペットボトルなどでおもしをして、発酵するまで常温で漬ける。

乳酸キャベツ 作り方 画像

夏場⇒1~3日間、冬場⇒3~6日間で発酵します。
キャベツにもともと付着している乳酸菌が野菜の中の糖分を使って発酵し、酸味を帯びていきます。
プクプクと小さな泡が出てきたら、発酵のサイン!
袋を開けたときに爽やかな香りがしたら出来上がりです。

乳酸キャベツ 作り方 画像

温度・湿度により発酵の具合が変わります。
茶色くなったり、強烈な酸っぱい臭い、苦いような臭い、腐敗臭を感じたときは絶対に食べないようにして下さい。

乳酸キャベツ 臭い 画像

5、発酵に成功したら、熱湯消毒をした保存瓶に移し、冷蔵庫で保存する。

3週間以内に食べ切って下さい!

乳酸キャベツアレンジレシピ

●乳酸キャベツとソーセージのスープ
乳酸キャベツの発酵食は奥深いうまみがあるので、調味料の代わりにも使えます。

乳酸キャベツ アレンジ

【材料(2人分)】
・乳酸キャベツ・・・300g
・ソーセージ・・・2~4本
・ニンジン・・・小1本
・水・・・3と1/2カップ
・鶏がらスープの素・・・小さじ2
・鷹の爪・・・お好みで

【作り方】
水を張った鍋に乳酸キャベツ、ソーセージ、下茹でしたニンジンを加え、火を通す。

加熱することで植物性乳酸菌自体は死んでしまいますが、乳酸キャベツの旨味でおいしいスープになります。

●トーストクラブサンド
朝はトーストに挟んで、サンドイッチにするのもオススメ。

乳酸キャベツ アレンジ

乳酸キャベツ アレンジ

●ヨーグルトコールスロー
味に変化をつけたい時にオススメの食べ方。
乳酸キャベツにヨーグルト、刻んだハーブ、オリーブオイルを加えたらOK!

乳酸キャベツ アレンジ

●味噌汁に入れる
同じ発酵食品の「味噌」とも相性抜群。
乳酸キャベツをお椀に入れ、味噌汁を後からかけると乳酸菌パワーが持続します。

●肉や魚と一緒に食べる
乳酸キャベツは、肉や魚が軟らかく仕上がります。

乳酸キャベツ アレンジ

乳酸キャベツの特長

乳酸キャベツの食物性乳酸菌は、酸に強く、普通は胃酸で全滅するが、生きて腸まで届く確率が高いとのこと。
また、豊富な食物繊維が腸内環境を整えてくれると考えられています。

1日100g~150gを目安に食べること、植物性乳酸菌を生きたまま腸に届けるにはできるだけ生に近い状態で食べるのが良い!