パプリカの主な栄養成分は、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、
カリウム、カロテン。

赤パプリカの注目栄養成分が、赤い色素成分の「カプサンチン」。
カプサンチンは、かなり抗酸化力の高い成分として注目されており、
紫外線・シミ対策に効果抜群!

パプリカとは唐辛子の総称で、スーパーなどで見かけるものは
大型で肉厚のピーマン。
色は、赤、緑、黄、オレンジ、紫、白、黒などがあります。

パプリカは、緑色のピーマンに比べて、肉厚でジューシーな食感
で、甘くさわやかな味わい。
日本では生食でサラダやマリネに使われることが多いですが、
南欧料理では焼いて皮をむいて食べられることが多く、料理には
欠かせない食材となっています。

パプリカの栄養

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、カリウムなどが豊富で、
ピーマンと比べてもビタミンCは約2倍、カロテンは約7倍もあり、
油で加熱すると吸収率が高まります。

赤パプリカの栄養がすごい!↓

紫外線・シミ対策に最強の夏野菜は赤パプリカ【林修の今でしょ講座】
2015年6月23日の林修の今でしょ講座の夏に食べたい最強野菜 第2位は、赤パプリカ。 紫外線が原因でできるシミ対策に効果大な野菜が赤パプリカです。 夏になるときつくなるのが紫外線。 紫外線は肌にシミをつくる…

パプリカの新鮮な見分け方

・肉厚でやわらかく、みずみずしいもの。
・果柄が緑で切り口が新しく、ハリとツヤがあるもの

皮にしわがあるものは鮮度が落ちている。

パプリカの皮のむき方

パプリカを丸ごと焼いて、表面が黒くなるまで焦げ目をつける。
焼いたパプリカをポリ袋に入れて少し蒸らすと皮がむきやすく
なります。

パプリカをグリルで焼く焼き方&和食レシピ【ためしてガッテン】
2015年6月24日のためしてガッテンは、ビタミン補給の 救世主、パプリカ魅惑の新世界。 パプリカは魚焼きグリルで焼く方法や、 パプリカの油揚げ巻き、白身魚のパプリカ蒸し彩りあんかけ、 パプリ甘天の和食レシピをご…

パプリカの粉末スパイスが人気!

カレー料理やハンガリー料理に使われる赤いスパイスはパプリカ。
ハンガリーで品種改良された辛みのないチリペッパーの果実の
乾燥粉末で、主に色づけに使われています。

食用にされている野菜のパプリカは、スパイス用とは違う品種を
改良したもの。

赤パプリカで作れる万能調味料「マッサ」↓

万能調味料「マッサ」の作り方&簡単レシピ【バイキング】
2015年6月3日のバイキングで、万能調味料の「マッサ」が 紹介されていました。 マッサは、パプリカの調味料。 マッサは塩を使用しているので、和・洋・中さまざまな食材 と相性抜群! マッサは今大注目の調味料…

ピーマン&パプリカの冷凍保存方法と保存期間!栄養と苦味はどうなる?
ピーマンやパプリカは、そのまままるごと冷凍すると種やわたが とりにくいので、切ってから冷凍するのがオススメ。 加熱調理にしたら生とほとんど変わらずに仕上がり、 ピーマン独特の苦味も感じにくくなります。 また、新鮮…