大根を冷凍保存するメリットは「保存性が高まること」と「味のしみ具合がよくなるので調理が時短になる」こと。
さらに、プラスアルファで「絶妙な食感に変化する」ことです。
大根を部位によって3つに分け、切り方も工夫して冷蔵・冷凍保存することで、葉っぱから身まで丸ごと1本いろんな味わいを楽しむことができるだけでなく、無駄なく最後まで使い切ることができます。
これを読めば今日から”冷凍大根マスター”に!
冷凍大根ならではのおすすめレシピもご紹介しています。

大根を常温で保存する方法

大根 保存 常温 画像
土がついている大根は新聞紙に包み、風通しのよい場所で保存しましょう。
土がついていなくても丸ごと1本保存したい場合は同じく、新聞紙に包み、風通しのよい場所で保存しましょう。
保存の目安は3日です。

大根を冷蔵庫で保存する方法

大根を冷蔵庫で保存する際の保存場所は「野菜室」で、保存の目安は10日です。
立てて保存すると、より長持ちします。

大根 葉 保存方法 画像
栄養が葉っぱに奪われてしまうので、まず葉っぱを切り落とします。
葉元ギリギリのところに包丁を入れて葉を切り落としましょう。
切り口に湿らせたキッチンペーパーを巻き、ポリ袋に入れ、立てて保存します。

身は部位ごとに味わいや歯ごたえが違うので、上部・中間部・下部と3つに分けて保存すると調理の際にとっても便利です。
3等分に切り分けたら、それぞれキッチンペーパーで包み、保存袋に入れて立てて保存します。
キッチンペーパーが湿ってきたら取り替えましょう。

大根を冷凍保存する方法

大根は生で冷凍すると解凍してもシャキシャキ感は戻らず、しんなりとした独特な食感になります。
しんなりとした食感が苦手という方は、薄めに切って冷凍するようにして下さい。
保存の目安は1か月です。

いちょう切りにして生のまま冷凍する

大根 冷凍保存方法 画像
大根を冷凍保存するのに、一番おすすめで一番簡単な方法です。
大根の皮をむいて、5mm厚さくらいのいちょう切りにしたら、冷凍保存袋に入れて平らにし、冷凍庫へ入れるだけ!
解凍するときは、自然解凍でも流水解凍でもどちらでもOK!
お味噌汁やスープなどの具や鍋物に使う場合は、凍ったまま調理しても大丈夫です。

実は私、大根を冷凍すると食感が変わってしまうと聞いていたので、大根を冷凍することに長い間 躊躇していました・・・。
だけど、ある神レシピに出会ってから、冷凍大根が大好きになってしまったんです。
それからというもの、大根は冷凍するものみたいな考えになっちゃってるんですよね・・・。

その神レシピというのが、レシピブログの大人気ブロガー「おにゃ」さんの「冷凍大根で作る あると安心ほっこり 大根ひじき煮」と「冷凍大根で作る こってり鶏大根の炒め煮」。
この2品を作って食べて以来、これが食べたくて冷凍大根を仕込むようになりました~。
是非是非一度、大根を冷凍して作ってみてください!

本にね”うますぎて旦那が早く帰ってくるレシピ”と書いてあるんですけど、ホントにその通り!というくらいおいしいレシピ満載です♪

冷凍大根で作る こってり鶏大根の炒め煮 レシピ
●材料(2~3人分)
・鶏もも肉・・・1袋(280g)
・塩、こしょう・・・各少々
・冷凍大根(1~2cm幅のいちょう切り)・・・310g(約10cm分)
・ごま油・・・適量
・青ネギ(小口切り)・・・適量
・七味唐辛子・・・適量

【A】
・水・・・1カップ
・酒・・・大さじ2
・しょうゆ、オイスターソース、砂糖・・・各大さじ1

●作り方
1、鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩・こしょうをふる。
【A】はまぜ合わせる。

2、フライパンにごま油をひいて熱し、冷凍大根をそのまま焼く。
菜箸で各面を焼き、軽く焦げめをつけ、いったん取り出す。

3、(2)のフライパンにごま油を足し、鶏肉を皮目から焼く。
きつね色になったらひっくり返し、反対側も同様に焼く。
大根を戻し入れ、【A】を加えて中弱火にし、フタをしないで10~15分ほど煮込む。

4、汁気が少なくなってきたら、火を弱めて汁気を飛ばしながらまぜ合わせる。
照りが出たら火を止める。
器に盛り、青ネギと七味唐辛子を散らす。

(引用元:おにゃの旦那が喜ぶ 簡単カフェ飯と楽ウマつまみ。家呑み三昧!)

下茹でしてから冷凍する

大根 冷凍保存 下茹で 画像
大根を1~2cm厚さのいちょう切りや半月切りにして、固めに茹でて冷水にとり、水気を拭いて、金属トレイに並べて急速冷凍します。
完全に凍ったら冷凍保存袋に入れて保存します。

point大根は薄めに切る!
厚めに切って冷凍すると食感の変化を感じるので、食感を変えず食べたい場合は薄めに切って冷凍します。
そうすると、生のままとほとんど同じ食感で煮物や鍋物などに活用できます。

他にも・・・

  • 半月切り/輪切り・・・おでんや煮物にオススメ。薄切りなら炒めものにも使える。
  • 乱切り・・・煮物にオススメ。
  • 拍子木切り/千切り・・・味噌汁や炒めものにオススメ。

家事えもんも冷凍大根をおすすめしていて、オイスターソースを使っての「おでんのだし」はホント美味しい!
我が家のおでんはいつも家事えもんレシピです。
そして、冷凍大根で作る「フライド大根」も必見です♪

大根おろしにして生のまま冷凍する

大根おろし 保存方法
大根をすりおろし、「大根おろし」にして冷凍保存することが可能です。
水気が多い場合はギューッときつく絞らず、自然に水気を切って下さい。

  • ラップで小分けにして冷凍する
  • 冷凍保存袋に平らにして入れ、冷凍する
  • 製氷皿に入れて冷凍する
  • アルミカップで小分けにして冷凍する
  • 小さめのタッパーなどに入れて冷凍する

上記のような保存方法がありますが、オススメは、製氷皿に入れて冷凍する方法。

大根おろし 保存方法
大根おろし 保存方法

製氷皿に入れて冷凍すると、うどんやそばの薬味、さんまなどの焼き魚や天ぷらなどの添え物など、少量使う時にとっても便利です。
製氷皿に入れて完全に凍ったら冷凍保存袋に移して、空気を抜いて保存すると、冷凍室でも邪魔にならず、取り出しやすく、においもつかないので一石三鳥(笑)!
冷凍した大根おろしは自然解凍がベストです。
さんまに添える大根おろしアート、猫ちゃんにするという発想に脱帽!可愛いですね♪

千切りを塩もみして冷凍する

大根 冷凍保存 画像
大根を千切りにしてポリ袋に入れ、塩少々を振り、しんなりしたら手でもんで水気を絞る。
冷凍保存袋に入れてできるだけ平らにし、冷凍します。
甘酢であえるとなます風に、マヨネーズであえるとサラダにと大活躍です。

葉っぱも冷凍保存できる!

大根 葉 保存方法 画像
葉っぱは新鮮なうちによく洗って水気をきり、細かく刻み、さらにしっかりと水気を拭き、使いやすい分量ごとにラップで包み、冷凍用保存袋に入れます。
味噌汁やスープ・チャーハンの具に活用できます。

大根の皮も捨てずに冷凍保存する!

大根 冷凍保存 画像
大根の皮はきんぴらにしたり炒め物にすると美味しく食べられます。
大根の皮をすぐ使わない場合は、千切りや細切りにしてから冷凍保存袋に入れて冷凍します。
冷凍した皮がたまったら調理しましょう。

大根の皮と葉っぱの炒め煮 レシピ
●材料(4人分)
・冷凍大根の葉っぱ・・・1本分
・冷凍大根の皮・・・1本分
・ちりめんじゃこ・・・ひとつまみ
・しょうゆ、みりん・・・各大さじ2~3
・ごま油・・・大さじ2
・いりごま・・・少々

●作り方
1、葉っぱはさっとゆでて軽く水気を絞る。

2、フライパンにごま油を熱して、凍ったままの皮を炒め、しんなりしたら葉っぱ、ちりめんじゃこ、しょうゆ、みりんを加えていり煮にする。
仕上げにごまを加えてひと混ぜする。

作り置きおかずにして保存する

時間がある時に調理をして保存しておくと、食べたいときにすぐ食べられます。

だしで煮て冷凍保存する

大根 作り置きおかず 画像
大根(300g)を1cm幅の輪切りにし、ひたひたのだし汁、昆布(5cm)を1枚加え、15~20分ほど煮る。
だし汁、昆布ごと保存袋に入れて冷凍します。
肉みそをのせたらふろふき大根として一品に。
おでんや煮物に入れてもOK!冷凍しているので味がすぐに染み込んで時短に。

漬物にして保存する

大根 漬物 画像
漬物にして保存しておくと、冷蔵庫でも長期保存ができ、一品にもなってとっても重宝します。
私が大好きな料理研究家の「ゆーママさん」の漬物レシピは子ども達が大好きな味!
冷蔵庫にあると「やった~!」って大喜びです。

ゆず大根 レシピ
保存期間は、冷蔵庫で7日間。

●材料(作りやすい分量)
・大根・・・1/2本
・にんじん・・・1/4本
・塩・・・大さじ1

【A】
・砂糖、酢・・・各大さじ6
・ゆずジャム・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1/4

●作り方
1、大根は一口大に切り、にんじんは細切りにする。
ボウルに入れ、塩をふって軽くもみ、冷蔵庫で一晩おいて水気を出す。
ザルに上げて手でしっかり水気をきる。

2、密閉容器に【A】を入れてよく混ぜ、(1)を加えて冷蔵庫で1日漬ける。

(引用元:ゆーママのおうちカフェレシピ)

大根の昆布茶漬け レシピ
保存期間は、冷蔵庫で7日間。

●材料(作りやすい分量)
・大根・・・1/2本
・白炒りごま・・・大さじ1

【A】
・昆布茶・・・小さじ2
・おろしわさび(チューブ)・・・4cm分

●作り方
1、大根は5mm厚さの半月切りにする。

2、ポリ袋に(1)、【A】を入れて袋の上からよくもみ、空気を抜いて口をしばり、しんなりするまで15分以上おく。
白炒りごまを加えて混ぜる。

(引用元:ゆーママの簡単!節約作りおき)

スポンサーリンク
おすすめの記事