ピーマンやパプリカは、そのまままるごと冷凍すると種やわたが
とりにくいので、切ってから冷凍するのがオススメ。
加熱調理にしたら生とほとんど変わらずに仕上がり、
ピーマン独特の苦味も感じにくくなります。
また、新鮮なうちに冷凍すると栄養価も変わりません。
肉厚なパプリカは焼いて冷凍してもOK。

ピーマン・パプリカの冷蔵保存

傷みの原因となる水気は厳禁。
ビニール袋に入れて冷蔵庫で1週間。

生のままで冷凍保存する方法

種とへたを取り除いて、生のまま千切りか細切りにして、
金属トレイに広げて凍らせ、冷凍保存袋に移して冷凍室へ。
凍ったまま調理すれば味も食感も変化しにくいです。

種とへたを取り除かないと解凍後の食感が悪くなり、
まるごと冷凍するとしぼみます。

塩ゆでしてから冷凍保存する方法

細切りにして、かために塩ゆでする。
下ゆでしてあるので調理の仕上がりが早くなります。

焼いてから冷凍する方法(パプリカ)

パプリカを半分に切って種とへたをとり、焼き網やグリルで
じっくり焼く。
表面が黒くなるまで焼いたら焦げた薄皮をきれいに剥いて
金属トレイに並べて、急速冷凍する。

凍ったままドレッシングに漬けてマリネにしたり、
半解凍でパスタの具などにしたりして下さい。

パプリカをグリルで焼く焼き方&和食レシピ【ためしてガッテン】
2015年6月24日のためしてガッテンは、ビタミン補給の 救世主、パプリカ魅惑の新世界。 パプリカは魚焼きグリルで焼く方法や、 パプリカの油揚げ巻き、白身魚のパプリカ蒸し彩りあんかけ、 パプリ甘天の和食レシピをご…

ピーマンやパプリカの冷凍保存期間

生で1~2週間。
加熱したものは2~3週間が目安。

紫外線・シミ対策に最強の夏野菜は赤パプリカ【林修の今でしょ講座】
2015年6月23日の林修の今でしょ講座の夏に食べたい最強野菜 第2位は、赤パプリカ。 紫外線が原因でできるシミ対策に効果大な野菜が赤パプリカです。 夏になるときつくなるのが紫外線。 紫外線は肌にシミをつくる…
パプリカ 栄養の効果・効能!加熱すると栄養の吸収率が高まる
パプリカの主な栄養成分は、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、 カリウム、カロテン。 赤パプリカの注目栄養成分が、赤い色素成分の「カプサンチン」。 カプサンチンは、かなり抗酸化力の高い成分として注目されており、…

赤パプリカで作れる万能調味料「マッサ」↓

万能調味料「マッサ」の作り方&簡単レシピ【バイキング】
2015年6月3日のバイキングで、万能調味料の「マッサ」が 紹介されていました。 マッサは、パプリカの調味料。 マッサは塩を使用しているので、和・洋・中さまざまな食材 と相性抜群! マッサは今大注目の調味料…