2016年3月15日放送の林修先生の今でしょ講座は、名医たちも認める!最強栄養ドリンク「甘酒」のマル秘成分&飲み方。
睡眠不足解消、目の下のクマ対策、免疫力アップ、血圧上昇抑制、肌荒れ対策という甘酒成分に秘められた5大パワーが紹介されていました。
また、効果がアップするちょい足しレシピも紹介されていました。

林修の今でしょ講座 甘酒

甘酒とは?

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれています。
甘酒には、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖などの主な栄養素がたっぷり入っています。
そして、甘酒は体に吸収されやすい、というのが「飲む点滴」と呼ばれている理由です。

甘酒には「酒かす」と「米麹」を使って作る2種類があります。

林修の今でしょ講座 甘酒

●酒かすでの甘酒の作り方
酒かすとは、日本酒を精製した際に残る搾りかすのようなもので、栄養たっぷり。
お湯・砂糖・塩・酒かすを加えて混ぜ、日本酒を加えたら出来上がり。
値段は安めで、アルコール有り。

●米麹での甘酒の作り方
米麹は、水洗いした米に「麹菌」を付けて、4日間かけて甘みを生み出す麹菌が麹になるまで繁殖させていきます。
蒸した米を米麹を混ぜ、10時間寝かせると米麹が完成。
お湯にこの米麹(甘酒の原液)を入れ、煮立ってきたら塩を入れて、甘みを引き立てたら出来上がり。
値段は高めで、アルコール無し。

↓「甘酒」が作れる炊飯器↓

甘酒

甘酒

睡眠不足解消

甘酒の清酒酵母で睡眠の質を上げる!
名医が飲んでいるという「酒かすの甘酒」は、質の良い睡眠に効果が期待できるとのこと。

酒かすの甘酒は、清酒酵母が豊富で、この清酒酵母は深い眠りを作る脳内物質「アデノシン」を活性化させる働きがあります。

清酒酵母をとったグループは、とってないグループと比べて質の良い睡眠時間が10~20%増えた、という実験データがあるそうです。
質の良い睡眠とは、声をかけても起きない、体が完全に急速している状態のことを言います。

質の良い睡眠がもたらすメリットは4つあります。
1、脳や体の機能が一旦停止して、リフレッシュ効果がある。
2、記憶を整理整頓してくれる。
3、成長ホルモンが分泌して体を修復してくれる。
4、免疫力が上がる。

飲む時間は寝る1~2時間前、摂取量はコップ1杯(200cc)程度

血圧上昇抑制

甘酒のペプチドで、血圧上昇を抑える効果が期待できます。
ただし、飲む温度と時間が大事
甘酒に含まれる成分はとても繊細なので、飲み方に注意が必要です。
名医が飲んでいるのは「米麹の甘酒」

米麹の甘酒には、血圧の上昇を抑える効果が期待できる成分「ペプチド」が入っています。
でも、甘酒は薬ではないので、甘酒を飲んだら急に血圧が下がる、ということはありません。
個人差はありますが、早くて3か月、長くて半年飲み続ければ効果が期待できます。

効果がアップする甘酒レシピ

甘酒に「ジンゲロン」が入った生姜をプラス。
生姜の辛味成分が、末梢の血管を開いてくれて、血圧を下げる効果が期待できます。
ただし、生姜のおろし方にポイントがあります。
生姜の皮の成分「ジンゲロン」には、利尿作用があるので、生姜は皮ごとすりおろして下さい。

血圧を上げる掘る温は日中によく働くので、朝に飲んだ方が良いとのこと。

林修の今でしょ講座 甘酒

また、米麹の甘酒の成分は高い温度に弱いので、常温もしくは冷やして飲むのがオススメ。
温めすぎると甘酒の成分が壊れてしまます。
さらに、米麹の甘酒にはペプチドの他にも消化酵素が含まれているので、常温もしくは冷やして飲むことによって、しっかりとした消化酵素の効果が発揮できます。

目の下のクマ対策

まだ研究中の段階だそうですが、甘酒の成分で目のクマが消えたという実験データが!
甘酒を飲むことで、血流が改善して目の下のクマがとれたのではないか?と考えられています。
この実験は、酒かす&米麹を合わせた甘酒を1か月間飲んだという実験の結果で、現時点ではどちらの成分が良いのか分からないとのこと。

免疫力がアップ

甘酒の善玉菌で免疫力アップに効果が期待できます。
甘酒はお米を麹菌によって発酵させた発酵食品なので、善玉菌を取り入れやすくなり、腸内環境が良くなって、免疫機能を高める効果が期待できるとのこと。
名医が飲んでいるのは「米麹の甘酒」

体全体の免疫細胞の約60%は腸にあるので、集まっている免疫細胞を甘酒の善玉菌が活性化させます。
甘酒を飲むことによって善玉菌が増え、善玉菌を増やすことは体にとってとても大切。
甘酒はブドウ糖などの栄養素が豊富なので、善玉菌に栄養を与えます。
善玉菌が腸に届くと全体の中で善玉菌の割合が増えて、元々自分が持っている善玉菌も元気ししてくれるし、外から来る善玉菌も助けてくれるので、トータルで体の状態が良くなります。

免疫力アップの効果を試すなら、まずは1週間継続して飲んでみましょう。
便通が良くなったり、体温が上がったりする効果も期待できます。

肌荒れ対策

甘酒の善玉菌で肌荒れ予防に効果が期待できます。
豆乳を足せば効果がアップ!

甘酒の麹菌が、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすので、結果的に活性酸素が減って、肌荒れ・肌の老化の予防効果が期待できるとのこと。
名医が飲んでいるのは「米麹の甘酒」

活性酸素とは、肌のシミやニキビの原因になるもので、体の中で善玉菌の割合が増えると、体全体で起こる活性酸素の量を減らすことができます。
結果、お肌も良くなるというワケです。

効果がアップする甘酒レシピ

甘酒に「豆乳」をプラスすると効果がアップ!
甘酒と豆乳を1:1で混ぜます。
好みで割合を変えてもOK。

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は抗酸化物質で、抗酸化物質は活性酸素をやっつける働きをします。
また、豆乳にはビタミンB群も豊富なので、シミやシワの改善にも効果が期待できます。

また、豆乳以外にも「抹茶」や「きな粉」を混ぜて飲むのもオススメ。
食物繊維も一緒に摂れるそうです。

林修の今でしょ講座 甘酒