2016年4月14日のあのニュースで得する人損する人は、坂上忍さん恒例の得ワザ損ワザ。
冷凍した肉や魚を2つ重ねた鍋でたった5分で解凍できる方法が紹介されていました。
熱伝導を利用したアイスクリームスプーンも紹介されていました♪

冷凍した肉や魚を自然解凍しようとすると、通常5~6時間と非常に時間がかかり、電子レンジを使うと、ところどころに火が入ってしまい、解凍具合にムラができてしまうことがあります。
しかし、鍋を2つ使えば、たった5分で解凍できてしまうのです。

●材料
・アルミ鍋・・・2個
・水・・・鍋底から3cmほど
・冷凍肉

●解凍方法
1、鍋の中に、鍋底から3cm程度の水を入れる。

得する人損する人 解凍

水よりも湯を使った方が、早く解凍できそうな気がしますが、肉に火が通ってしまう恐れがあるので常温の水がベスト。

2、もうひとつの鍋をひっくり返し、その上にラップに包んだ冷凍肉を置く。

得する人損する人 解凍

3、水を入れた鍋を冷凍肉の上に乗せる。

得する人損する人 解凍

4、5分待てばOK!

肉の厚さや大きさで解凍時間も変わるので、様子を見ながら行いましょう。

一般家庭にある鍋でいうと「アルミ」「鉄」「ステンレス」があり、その中でアルミが一番熱を伝えやすい。
5分で冷凍肉が解凍できた仕組みは、温度の高い部分から低い部分へ熱が移動する「熱伝導」という性質をうまく利用したため。
最近ではこの熱伝導を利用したスプーンも人気!
冷凍肉よりも温度が高いお鍋の水や外気の熱がアルミのお鍋に伝わり、その熱が冷凍肉に移動したことで、たった5分で解凍できるというワケ。