パンやクッキーなどのお菓子を作るときに使うのが無塩バター。
いざ作ろう!と思うと無塩バターが必要になるワケですが、普段の料理にはあまり使わないし、有塩バターに比べて値段も高いので、買うのを躊躇してしまいますよね。
でも!少量の無塩バターなら有塩バターで代用できます。
無塩マーガリンやショートニングがある場合、これらを使えば全く問題はありません。
この時の分量は、無塩バターと同じで大丈夫です。

無塩バター 有塩バター 代用 画像

有塩バターから無塩バターにする方法

1、実際に使う量よりも少し多めの有塩バターを耐熱容器に入れる。

2、バターが溶けるまで電子レンジで加熱する。

取り出してしばらく放置すると、器の下の方に塩を含むバターがたまってきます。

3、上澄みだけ他の器に移したら、無塩バターの出来上がり!
ほぼ塩を含まないバターになっています。