2015年8月23日の林先生が驚く初耳学 土井善晴さんの出題はレモン。
レモンを切る前に30秒転がしてから搾ると激的に美味しくなるとのこと。

揚げ物などに添えられるレモンは、さっぱりとした酸味が加わることで
油っこい料理を食べやすくしたり、代謝を上げ、消化吸収を促すクエン酸
が豊富に含まれていて、夏バテ対策にも非常に効果的。

林先生が驚く初耳学 レモン

レモンを搾るとき、搾り器を使う人も多いと思いますが、
力任せにグリグリ搾り出そうとすると、周りにある白い部分から
苦味が出てしまいます。
レモンは白い筋の部分に「リモノイド」という苦み成分を含んでいる
ので、この苦みが一緒に搾られてしまうのです。

林先生が驚く初耳学 レモン

林先生が驚く初耳学 レモン

林先生が驚く初耳学 レモン

苦みがなく美味しいレモンを搾る方法

カットする前にレモンをまな板に置き、レモンの上に両手を置きます。
そして、両手でコロコロ転がします。

ポイントは、レモンに少し体重をかけて、全体をまんべんなく30秒
転がすこと。

林先生が驚く初耳学 レモン

レモンは、皮を果肉が隙間なく密着していますが、レモンをコロコロ
転がすことで、ほどよくほぐれて皮と果肉の間に隙間ができ、苦味成分
が出ないので、レモン本来のスッキリとした味わいになります。

しかも、レモンを手で搾ろうすると、なかなか果汁が出てこないですが、
30秒転がしたレモンを手で搾ると、軽く握っただけで噴き出すように
果汁が出てきます。