2016年10月25日のキューピー3分クッキングレシピは、さんまと青ねぎのスパゲティ。

3分クッキング さんまと青ねぎのスパゲティ

●材料(4人分)
・スパゲティ・・・300g
・さんま・・・3尾(450g)
・塩・・・小さじ1/2 
・こしょう・・・少々

・わけぎ他の青ねぎでもOK)・・・1わ(150g)
・にんにくのみじん切り・・・2かけ分
・酒・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1/2
・すだち・・・2個
・オリーブ油・・・大さじ3

●作り方
1、さんまは頭を落とし、腹側を尻ビレまで切って腹ワタを除き、中骨の血合いの部分をこすってしっかり洗い、水気をふく。
頭側から包丁を入れ、中骨の上を滑らせるようにして尾までおろす。返して反対側も同様にし、三枚おろしにする。
腹骨をすきとり、塩(小さじ1/2)をふって10分おく。
キッチンペーパーで水気をふき、こしょうをふる。

2、わけぎは斜め薄切りにする。

3、たっぷりの湯を沸かして塩を加え(湯3リットルに塩大さじ1)、スパゲティを入れて袋の表示時間よりも1分短めにゆでる。

4、フライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱し、さんまを入れて両面をこんがり焼いてとり出し、ざっくりとほぐしておく。

5、フライパンが汚れているときはさっとふき、オリーブ油(大さじ2)とにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ったらさんまを戻して酒をまわし入れ、煮立ててアルコール分を飛ばす。

にんにくを炒めるときは火からおろし、魚の油をふき取り、冷たい油とにんにくを入れてから火にかけて香りを引き出す。

6、スパゲティがゆで上がったら湯をきり、ゆで汁1/4カップは取っておく。

7、(5)にスパゲティ、わけぎ、しょうゆを加えてさっと混ぜる。
からみにくいときは、ゆで汁を加えて調節する。
器に盛り、半分に切ったすだちを添え、汁を絞って食べる。