2016年7月26日NHKあさイチは、夏の自由研Q!あさイチ恒例の夏休み企画「夏の自由研究」がテーマです。
「泡」に関するレシピやお掃除方法が紹介されていました。
子どもが喜びそうなメレンゲアイスの作り方は必見です♪

バニラシフォン

●材料(直径17cmのシフォン型1台分)
・卵黄・・・45g
・バニラビーンズ・・・1/8本
・グラニュー糖・・・48g
・サラダ油・・・28g
・熱湯・・・48g
・薄力粉・・・65g
・ベーキングパウダー・・・2g
・卵白(15分冷凍庫にいれたもの)・・・90g
・レモン汁・・・小さじ1/4強
・グラニュー糖・・・28g

●作り方
1、卵黄を溶きほしぐしたところに、バニラビーンズを加えて混ぜ合わる。
そこにグラニュー糖を加えて泡立て器で軽くすり混ぜる。

2、サラダ油に湯を加えてさっと混ぜ合わせたものを、(1)に加え、全体を泡立て器で混ぜ合わせる。
グラニュー糖が溶けたら混ぜ終わり。

3、ふるった小麦粉とベーキングパウダーを(2)に加え、粉けがなくなるまで、手早くまぜる。

4、冷凍卵白に、レモン汁とグラニュー糖の一部を加え、ハンドミキサーの高速で3分間泡立てる。

5、残りのグラニュー糖を2回にわけ、加えていく。それぞれ45秒~1分泡立てる。メレンゲのできあがり。

6、(3)のボールに、(5)のメレンゲの1/4をとって加え、泡立て器で混ぜ合わせてなじませる。なめらかになったら、(5)のボウルに戻す。

7、ゴムべらで、円を描くように35~40回混ぜ、メレンゲの白い部分が見えなくなれば終了。
ゴムべらですくって逆さにしてもすぐには落ちないのが目安。

8、型にいれ、180度に熱したオーブンで25分ほど焼く。

9、焼き上がったら、型ごと裏返して完全に冷ます。

10、完全に冷めたあと、型から外せば出来上がり!

メレンゲ

プロのような泡を作るには「冷凍」した卵白を使うこと!
卵白の温度を下げておくことで、卵白に粘り気が出て、メレンゲの泡が壊れにくい、安定したものになり、扱いやすくなります。

あさイチ メレンゲ

あさイチ メレンゲ

メレンゲアイス

あさイチ メレンゲ

●材料(4人分)
・卵白(15分冷凍したもの)・・・2コ分
・レモン汁・・・小さじ2
・砂糖・・・小さじ2
・お好みのジャム・・・大さじ3

●作り方
1、15分冷凍した卵白にレモン汁と全量の1/3の砂糖を加え、泡立てる。

2、途中、砂糖を2回に分けて入れ、それぞれ泡立てる。

砂糖を3回に分けて入れると泡が安定する。

3、卵白が角が立つくらいまで泡立ったら、ジャムを入れ、狭い範囲でかき混ぜる

あさイチ メレンゲ

あさイチ メレンゲ

あさイチ メレンゲ

4、ジャムが混ざりきったら、全体をサクッを混ぜ合わせ、冷凍庫で1時間ほど冷やす。

生ものなので、作ったらできるだけ早く食べましょう。

ふわふわオムレツ

あさイチ メレンゲ

●材料(1人分)
・卵白・・・2コ分
・卵黄・・・2コ分
・塩・・・一つまみ
・バター・・・大さじ1弱

●作り方
1、卵黄に塩で味つけし、かき混ぜる。

2、15分間冷凍庫に入れた卵白を角が立つまで泡立てる。

3、(2)のメレンゲの一部を卵黄に入れ、しっかり合わせる。

4、残りのメレンゲを入れ、泡がつぶれないようにさっくり混ぜる。

5、強火で熱したフライパンでふたをして2分ほど焼く。

枝豆のゆで汁で頑固な油汚れを落とす

方法はとっても簡単!
枝豆のゆで汁に雑巾をひたして軽くしぼり、拭くだけ!

枝豆のゆで汁をペットボトルに入れて上下に振ると・・・たくさんの泡が出てきます。
この泡の正体は「サポニン」という界面活性剤。
この界面活性剤が油汚れをスルスルと落としてくれるというワケ。

あさイチ メレンゲ

枝豆以外にも家にあるもので界面活性剤がとれるものが「じゃがいも」。
じゃがいもは油汚れだけでなく、茶渋も落とすことができます。
使うにはじゃがいもの「皮」。
じゃがいものでんぷんと界面活性剤のダブルの力で茶渋を落とします。
皮のついていないほうで茶渋をこするだけでOK!