2015年7月14日のNHKあさイチは、エゴマ油特集。
エゴマ油の絞りカスパウダーや、エゴマの葉っぱについて紹介
されていました。

エゴマは胡麻と勘違いされることも多いですが、エゴマはシソ科の植物で、
福島では「じゅうねん」とも呼ばれているそう。

5月29日に大地真央さんがあさイチで、手作りスムージーを飲んで
いるとおっしゃっていましたが、このスムージーに欠かせないのが
「エゴマ油」。
スムージーにエゴマオイルをタラッとかけて飲んでいるとのこと。

エゴマ油には、ゴマ油やオリーブオイルに比べて、α-リノレン酸が
60%も含まれています。

●大地真央さんの手作りスムージーの材料
・オレンジ
・グレープフルーツ
・いちご
・ブルーベリー
・バナナ
・小松菜
・にんじん
・りんご
・ベリー酢
・豆乳

エゴマ油の効果・効能

エゴマ油のα-リノレン酸を摂取すると、肝臓でDHAやEPAに変わり、血管を
強くしてしなやかにしてくれる効果があります。
血管が強くてしなやかになることで脳細胞が活性化します。
α-リノレン酸が豊富なため、美肌効果にも注目されています。

また、アメリカ政府は、α-リノレン酸を多く含んだエゴマ油は、
心臓疾患を減らすためにもっと摂取すべきと発表するほど、
健康にも効果が認められています。
うつ病にも効果的だそう。

「ばい煎」と「生しぼり」のエゴマ

エゴマ油は、生をそのまま絞った「生しぼり」と、実を香ばしくいったあと
に油を絞る「ばい煎」の2種類があります。

あさイチ エゴマ油

エゴマの普及促進を目指して活動する「日本エゴマの会・ふくしま」の
渡部芳男さん・章子さんご夫妻が、エゴマ油のおいしい使い方を教えて
くれました。

「生しぼり」エゴマ油

生しぼりはクセがないので、素材の味を引き立てコクを与えてくれるそう。

大根おろしに生しぼりのゴマ油を入れて食べると、辛さがマイルドになり
おいしさがアップ。
サラダのドレッシングにも使えます。

また、スーパーで売れ残った脂気が足りない刺身も、生しぼりのエゴマ油を
しょうゆに混ぜてから食べるだけでしっとりして、コクが生まれ、おいしく
なります。

「ばい煎」エゴマ油

今までごま油だったところを、ばい煎ごま油に替えると、より栄養がとれるし、
調味料の一種として使えるそう。

ばい煎ごま油を使っての煮物がオススメ。

火を止めたあと、最後に一垂らし回し入れるだけで効果抜群!
香ばしさが引き立ちおいしくなるとのこと。

でも、エゴマ油は酸化しやすいので、高温で調理する炒め物や揚げ物には
向いていないのでは?

エゴマ油の主成分であるα-リノレン酸は熱に弱いが、100℃までの熱だと
ほぼ変質しないそう。
水分を含む煮物は100℃を超えることが少ないため、酸化しにくいのです。
さらに、エゴマ油を入れ、すぐ盛りつける方法は、香りも飛ばないため、
香りつけの面でも効果的とのことでした。

エゴマの絞りカスのパウダー

エゴマ油は値段の高さがネックですが、「エゴマの絞りカスのパウダー」は
200円前後で売られていて、とても人気があるとのこと。

エゴマの絞りカスのパウダーとは、エゴマ油のしぼりカス。
油を絞るたび機械から大量に出るしぼりカス。
これを乾燥させ、粉状にして販売したところ大人気に!

あさイチ エゴマ油

エゴマの実の部分のうち、2/3はエゴマ油になりますが、3/1は絞りカスに
残されていて、油だけでなく、ミネラル、食物繊維も豊富とのこと。

あさイチ エゴマ油

福島では、圧力をかけて搾るという「圧搾法」だからこそ、絞りカスにたくさんの
油が残るというワケなのです。

さらに、冷凍保存しても、エゴマ油の主成分であるα-リノレン酸の値は、
ほぼ変わりません。

ジャガイモの煮っ転がし レシピ

●材料(4人分)
・ジャガイモの小イモ・・・1kg
・みそ・・・100g
・砂糖・・・100g
・パウダー・・・50g
・しょう油、みりん、酒、粉末ダシのもと・・・少量
・油・・・200g

●作り方
1、鍋に油を入れ、すぐにジャガイモを入れ、柔らかくなるまで煮る。
2、ジャガイモと油以外の調味料を混ぜておく。
3、ジャガイモが柔らかくなったら、(2)の調味料を入れて、
鍋を動かしながら煮ていく。

エゴマの葉っぱ活用術

スーパーの店頭でも大葉とともに並んでいるエゴマの葉っぱ。
体内で糖の吸収を抑える効果がある「ロズマリン酸」という成分が多く
含まれていて、血糖値が高い人などに嬉しい効果。
その含有量は、大葉などと比べても、エゴマの葉っぱには特に豊富に
多く含まれています。

あさイチ エゴマ油

食べ物を食べると「アミラーゼ」という酵素が出てきますが、ロズマリン酸
はアミラーゼの働きを弱めてしまうので、炭水化物をとっても分解せず、
大腸へ流れていくので吸収しません。
食事の前半や、野菜と根菜類を一緒に摂ることで、食後の血糖値の上昇
を抑えてくれるとのこと。

このエゴマの葉っぱを昔から愛用していたのが、湯野上温泉で有名な
福島県下郷町。
地元の旅館では、エゴマの葉っぱを大量に塩漬けにしていて、それを使い
「葉っぱの焼きおにぎり」を作り、人気を集めているそう。
ご飯にもエゴマの実を混ぜるので、プチプチとした食感も楽しめます。
また町には、エゴマの葉っぱを使ったすしを出す店もあります。

あさイチ エゴマ油

そんなエゴマの葉っぱを使った「千切り」、「からしみそ揚げ」のレシピを
教えてくれました。
教えてくれたのは、地元のエゴマ農家の玉川忠子さん。

エゴマの葉っぱ千切り レシピ

●材料
・エゴマの葉っぱ
・しょう油

●作り方
1、葉っぱを千切りにして、しょう油をかける。
2、ごはんにかける。

エゴマの葉っぱ からしみそ揚げ

●材料(3~4人分)
・葉っぱ・・・15枚
・みそ・・・90g
・砂糖・・・50g
・たかのつめ・・・1本
・小麦粉・・・大さじ2

●作り方
1、上記の、葉っぱ以外の材料を錬る。
2、錬った材料を葉っぱで巻き、2つおりにする。
3、葉が開かないようにつまようじで止めて、素揚げする。