2016年9月18日の男子ごはんレシピは、ビールにもワインにも合う秋のおつまみスペシャル!
メニューは、サーモンのパルマンティエ、焼きナスのバルサミコ酢和え、牛カルビのマスタードソース。

男子ごはん 牛カルビのマスタードソース

サーモンのパルマンティエ

じゃがいもを使ったフランス家庭料理。
パルマンティエとは、牛ひき肉を炒めてマッシュポテトで覆い、チーズを重ねて焼いたフランスの家庭料理です。
今回はひき肉を旬のサーモンに置き換えて絶品おつまみに!

男子ごはん サーモンのパルマンティエ

●材料(2人分)
・じゃがいも・・・小5個(320g)
・玉ねぎ・・・1/4個(50g)
・生クリーム・・・1/2カップ
・サーモン・・・2切れ(200g)
・パン粉・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1
・黒こしょう・・・適量
・オリーブ油・・・大さじ1

【バジルソース】
・バジル・・・1/2パック(7g)
・ピーナッツ・・・大さじ1/2
・オリーブ油・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/6

●作り方
1、じゃやがいもの皮をむき、半分に切る。
15分茹でてから茹で汁を捨て、強火にかけて水分を飛ばす。
じゃがいもを潰してマッシュポテトにする。

2、サーモンは骨を取り除き、塩(小さじ1/2)・黒こしょう(適量)を振り、下味をつける。
玉ねぎはみじん切りにする。

3、バジルは細かく刻み、すり鉢に入れる。
ピーナッツを加え、バジルとピーナッツを潰す。
オリーブオイル・塩を加え滑らかになるまでする。

4、フライパンを熱してオリーブ油を引き、サーモンを入れて強火で焼く。
火が通ってきたら皮を取り除き、サーモンの身をほぐす。
玉ねぎを加えて透明になるまで炒め、じゃがいもを加えてさらに炒める。
生クリームを加えて炒め、味をみて薄かったら塩(小さじ1/2)を加えて味を調える。
黒こしょうを振って、耐熱皿に移す。
パン粉を振り、トースターで5分程焼き目がつくまで焼く。

5、バジルソースをかけたら出来上がり!

焼きナスのバルサミコ酢和え

ジューシーな秋ナスを堪能!
グリルで焼いて旨味を凝縮させ、冷やして酸味を際立たせるのがポイント。

男子ごはん 焼きナスのバルサミコ酢和え

●材料(2人分)
・ナス・・・4本
・ディル・・・2本
・バルサミコ酢・・・大さじ1
・オリーブ油・・・大さじ1
・塩・・・少々
・黒こしょう・・・適量

●作り方
1、ナスはヘタを落とし、グリルでたまに転がしながら全面をこんがりと10分ほど焼く。
こんがり焼けたら一旦取り出す。
粗熱が取れたら皮を剥いて、1時間ほど冷蔵庫でしっかり冷やす。
食べやすく裂く。

ナスに切り込みを入れず、ナス自体の水分を沸騰させて火を通すことでジューシーに仕上がる。

2、ディルはちぎる。

3、(1)・(2)・オリーブ油・バルサミコ酢・塩を合わせて和える。
お皿に盛って黒こしょうを振る。

牛カルビのマスタードソース

新感覚なあっさり味。

男子ごはん 牛カルビのマスタードソース

●材料(2人分)
・牛カルビ(焼肉用)・・・200g
・玉ねぎ・・・1/4個(約40g)
・にんにく(みじん切り)・・・1/2片
・ルッコラ・・・1パック
・塩・・・小さじ1/4
・黒こしょう・・・適量
・オリーブ油・・・大さじ2

【A】
・白ワイン・・・大さじ1
・粒マスタード・・・小さじ1

●作り方
1、牛カルビ肉は塩・黒こしょうを振って下味をつける。
玉ねぎはみじん切りにする。

2、フライパンを熱してオリーブ油(大さじ1)をひき、牛肉を並べて強火で両面を焼き、取り出す。

3、(2)のフライパンにオリーブ油(大さじ1)を足して、にんにく・玉ねぎを加えて炒める。
しんなりしたら【A】を加えて炒め、アルコールが飛んだら(2)の牛肉を戻してからめる。

4、お皿に(3)を盛って、フライパンに残ったソースを回しかけ、ルッコラを添える。