2016年3月3日のあのニュースで得する人損する人は、おうちで簡単に作れるバタコやんのパンレシピ。
今日のメニューは、30分でツヤツヤもちもち!スピードベーグル、アレンジベーグル、ベーグルのフレンチトースト。
レシピを教えてくれるのはお笑い芸人「シンクロック」の吉田結衣さんことバタコやん。

スピードベーグル

コンビニで買える「レトルトおかゆ」で生地作り。

バタコやん スピードベーグル

●作り方(4個分)
・おかゆ(レトルトでOK)・・・125g
・砂糖・・・小さじ2
・オリーブオイル・・・小さじ1
・ドライイースト・・・2g
・強力粉・・・180g
・塩・・・ひとつまみ
・ハチミツ・・・大さじ2

●作り方
1、ボウルにおかゆ・砂糖・ドライイーストを入れて混ぜる。
600Wの電子レンジで30秒ほど温める。

イースト菌が活発に発酵するのが、25~45℃の間。
常温イースト菌をおかゆに混ぜて温めると一気に35℃まで上昇するので、効率よく発酵が進む。
さらに、イースト菌は糖分を吸収すると発酵が活発になります。

2、別のボウルに薄力粉・塩を入れて混ぜる。
このボウルに(1)を入れ、オリーブオイルを加えて生地をまとめる。

3、生地を作る。
(2)を3分ほど思いっきりこねる。
ポイントは「出して外に引っ張って中に入れて伸ばす」
叩きつけたりするなどして、モチモチな生地にする。

4、(3)の生地を4等分にカットする。
生地を「円錐状」にしてから、めん棒又はラップの芯で伸ばし、ナンの形になるようにする。

バタコやん スピードベーグル

バタコやん スピードベーグル

バタコやん スピードベーグル

5、伸ばした生地を三つ折りにする。

バタコやん スピードベーグル

輪っか状に曲げ、細い方を大きい口に入れる。

バタコやん スピードベーグル

親指に輪っかをひっかけ、おにぎりを作るように握る。

バタコやん スピードベーグル

6、ベーグルが浸かるくらいのお湯に、大さじ2杯のハチミツを入れて、ベーグル4個を30秒茹で、すぐに取り出す。

バタコやん スピードベーグル

ハチミツをお湯に入れることにより、ベーグルの表面が糖分でコーティングされツヤツヤになる。
時短ベーグルでも美味しそうなツヤが出ます。

茹で過ぎると表面が固まりシワの原因になるので要注意!

7、あらかじめ200℃に予熱しておいたオーブンに、茹でた生地を入れ、18分焼いて出来上がり!

アレンジベーグル

スピードベーグルを、さらにおいしく食べる得ワザ。

バタコやん スピードベーグル

チョコレートベーグル

プレーンベーグルの(5)の工程の時にチョコチップをお好みで混ぜ込んで包み、プレーンと同じように焼く。

きんぴらベーグル

プレーンベーグルの(5)の工程の時にコンビニなどで売っている、お惣菜のきんぴらを生地1個につき20gほど包む。
黒ゴマをお皿にうすく敷き、きんぴらを包んだ生地の表面にゴマを付けてプレーンと同じように焼く。

バタコやん スピードベーグル

バタコやん スピードベーグル

ブルーベリーベーグル

プレーンベーグルの(5)の工程の時にドライブルーベリーを混ぜ込んで焼く。

バタコやん スピードベーグル

バタコやん スピードベーグル

明太マヨネーズベーグル

明太子10g・マヨネーズ10gを混ぜ合わせる。
プレーンベーグルの(5)の工程の時に、15gを生地に包む。
残った明太マヨを生地の上面に沿って塗り、プレーンと同じように焼く。

フレンチベーグル(ベーグルのフレンチトースト)

硬くなったベーグルがフレンチトースト風に大変身!
バタコやんの「時短ベーグル」は、発酵を短縮しているので、冷めて時間がたつとカチカチに硬くなってしまいます。
硬くなったスピードベーグルを温めるとデンプンが糊状になり、柔らかくなります。

バタコやん スピードベーグル

●材料
・硬くなったベーグル・・・3個
・卵・・・1個
・牛乳・・・35ml
・砂糖・・・25g
・バニラエッセンス・・・2滴
・メイプルシロップ、いちご、ブルーベリー・・・適量をお好みで

●作り方
1、卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜる。

2、(1)の中にベーグル1個を8等分に切り、絡ませる。

バタコやん スピードベーグル

3、バターをフライパンに入れ、(2)を炒めて軽く焦げ目がついたら完成!
お皿に移し、お好みでメイプルシロップやいちご、ブルーベリーなどで盛り付ける。

バタコやん スピードベーグル