2016年9月15日のあのニュースで得する人損する人は、坂上忍さん恒例のすぐマネできる料理テク。
材料費170円で高級親子丼を再現!
鶏肉を「スポーツドリンク」に漬ければふっくらジューシーに、卵に「オイスターソース」を加えれば濃厚になる技を教えてくれました。
教えてくれたのは、サイゲン大介さん。

サイゲン大介レシピ 親子丼

●材料
・鶏もも肉・・・100g
・卵・・・2個
・醤油・・・大さじ1
・酒・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ2
・水・・・15ml
・スポーツドリンク・・・15ml
・鶏ガラスープの素・・・2つまみ
・オイスターソース・・・2滴

●作り方
1、鶏もも肉を小さめの一口大に切る。
鶏もも肉をボウルに入れ、水・スポーツドリンク・鶏ガラスープの素を加えて約15分ほど漬け込む。

小さく切ることによって、フォークで刺さなくても味が染み込む。

お肉は含まれている水分が多いほどジューシーになる。
スポーツドリンクの糖分が加わることで保水性が生まれます。
また、含まれている塩分がお肉の表面を固めてくれます。
砂糖の効果でジューシーになった肉汁を閉じ込めて、キープしてくれるというワケ。

2、割り下を作る。
フライパンに醤油・みりん・酒を入れて温まったら軽く水気を切った鶏肉を加え、2分ほど煮込む。

3、卵を器に割り入れ、白身をさきに切り、全体を5回ほど切る。
(2)に白身部分を先に流し、蓋をして弱火で1分半加熱する。

サイゲン大介レシピ 親子丼

黄身は白身よりも早く固まり始めるので、同時に加熱すると黄身だけ先に固まってしまいます。
白身を先に流すことで固まる時間差を調整します。

4、(3)で残った黄身の部分にオイスターソースを入れてかき混ぜ、フライパンに流し込み、蓋をして20秒加熱したら出来上がり!

オイスターソースのうま味が卵黄の脂質と合わさることで、コクがアップ!