2016年9月22日のあのニュースで得する人損する人は、坂上忍さん恒例のすぐマネできる料理テク。
スーパーなどで売られている安い乾麺を1時間水に漬けてモチモチ生麺風に大変身!
さらに、干し椎茸でトリュフを加えたような風味とうま味がプラス。
高級店の絶品カルボナーラの味を、家庭でも簡単に再現できるテクニックが紹介されていました。
教えてくれたのは、サイゲン大介さん。

絶品!カルボナーラ

生クリームを使わないカルボナーラ。

サイゲン大介レシピ カルボナーラ

●材料(1人分)
【ソース】
・卵・・・3個(全卵1、卵黄2)
・パルメザンチーズ・・・25g
・昆布茶・・・小さじ1/4
・オリーブオイル・・・大さじ1
・にんにく・・・1かけ(きざまなくてOK。包丁の腹でつぶす程度)
・ブロックベーコン・・・50g
・スモークチーズ・・・6g
・干し椎茸・・・1個(約5g)
※水100ccで1時間戻した出汁 大さじ2

【パスタ】
・1.6ミリスパゲッティーニ・・・100g 
・塩・・・少々

【トッピング】
・黒コショウ・・・適量

●作り方
1、パスタ100gを保存袋へ、そこに水300ccを入れ、1時間常温で放置。
干し椎茸1個を水100ccに入れ、ラップをしたら、こちらも1時間常温で放置。

乾麺はもともと生麺の水気を乾燥させて作られたもの。
逆に乾麺に水を吸わせることで、生麺のようなモチモチ感を再現。

1.6mmのパスタなら最低1時間。
1.9mmのパスタなら1時間半を目安に漬けておけばOK!
冷蔵庫へ入れておけば3日間は保存が可能。
水気を切って冷凍すれば、1ケ月ほどはおいしく食べられます。
冷凍の場合は、茹で時間を30秒プラスしましょう。

サイゲン大介レシピ カルボナーラ

サイゲン大介レシピ カルボナーラ

2、ボウルに卵3個(全卵1、卵黄2)、パルメザンチーズ、昆布茶を入れ、泡立て器でよくかき混ぜる。

チーズと昆布茶でうま味アップ!
昆布茶には、うま味成分のグルタミン酸が含まれている。
そしてチーズにもグルタミン酸が含まれているので、この2つで充分うま味を感じるパスタに仕上がる。

3、フライパンにオリーブオイル、にんにく、カットしたブロックベーコンを入れ、中火で炒める。

ベーコンは、ブロックベーコンを使用することで、高級店の肉厚な感じに仕上がる。

4、ベーコンがカリカリになったら弱火にし、にんにくをフライパンから取り出す。
細かく切ったスモークチーズ、干し椎茸の戻し汁(大さじ2)をフライパンに入れ、かき混ぜる。

サイゲン大介レシピ カルボナーラ

スーパーのベーコンを高級店の味に近づけるため、スモークチーズで代用!
スモークチーズを入れることで、ベーコンにくん製の香りがプラスされ、安いベーコンが高級店の味に大変身!

高級店で香りのレベルをグンと引き上げるために使われるトリュフ。
トリュフのような風味を、干し椎茸で代用!
トリュフはキノコの一種なので、干し椎茸でトリュフの風味に近い味が出せます。
実際にトリュフと干し椎茸の味の成分を比較してみると、旨味や甘味、塩味など全ての数値がほぼ一緒という結果に。
干し椎茸が加わる事で、グルタミン酸・イノシン酸・グアニル酸のうま味の3要素がそろいます。
グルタミン酸はチーズと昆布茶に、イノシン酸はベーコンに含まれており、そこにグアニル酸が含まれる干し椎茸の戻し汁をプラスすることで、3要素がそろい踏みし、うま味が大幅にアップ!

5、水漬けしてあるパスタを保存袋から出し、軽く水を切る。
塩を入れて沸騰したお湯にパスタを投入し、2分ゆでる。

冷凍したパスタの場合は、ゆで時間を30秒プラスする。

1時間水に漬けることで、乾麺が水分を吸収します。
芯まで水分を含んだパスタは熱が早く伝わるため、ゆで時間が通常8分のところ、わずか2分でOK!
また、麺が水分を吸収してふやけるので、小さい鍋&少量のお湯で茹でることができる。

6、パスタがゆであがったら火を止め、(4)のフライパンの火も止める。
火を止めたフライパンにパスタを投入し、軽く混ぜ合わせる。

7、さらに(2)で混ぜ合わせたソースを、火を止めたフライパンに投入し、激しくかき混ぜる。

火を止め、余熱のみで麺と卵を合わせることが重要!
しいたけの戻し汁の水分と、オリーブオイルやベーコンの油分を、パスタとともに激しく混ぜ合わせて「乳化」させることがポイント。
水分と油分がむらなく混ざり合った途端に、グンとおいしくなります。

8、お皿に盛り付け、お好みでブラックペッパーを振りかければ出来上がり!

お茶漬けの素と梅肉のパスタ

お茶漬けの素 × 梅肉 × オリーブオイルで絶品節約パスタ。
混ぜるだけなので超簡単に作れます。

サイゲン大介レシピ

●材料(1人分)
【ソース】
・お茶漬けの素・・・大さじ1/2
・梅肉・・・1個(約8g)
・オリーブオイル・・・大さじ1

【パスタ】
・スパゲッティーニ・・・80g
・塩・・・少々

【トッピング】
・大葉・・・3枚

●下準備
大葉は千切りにする。
梅は種を取り、果肉部分を刻んでおく。

●作り方
1、パスタを1%の塩水でゆでる。

2、ソースの材料すべて(お茶漬けの素・梅肉・オリーブオイル)をボウルに混ぜておく。

3、茹でたてのパスタを(2)とよく混ぜ合わせる。

4、お皿に盛り付け、お好みで大葉を添えれば出来上がり!

お茶漬けの素にはうまみ成分がたくさん含まれているのでそれだけでも十分美味しいですが、そこに梅干しの酸味が加わって、オリーブオイルでまとめると、より一層おいしくなる。