2016年11月24日のあのニュースで得する人損する人は、パティスリー モンシェール「堂島ロール」のロールケーキをサイゲン大介さんが家庭で再現するレシピ。
材料はロールケーキ1本あたり約500円!

サイゲンロールケーキ

サイゲン大介 ロールケーキ

●材料
・全卵(L)・・・全卵4個+卵黄1個
・グラニュー糖・・・100g(卵黄に50g、卵白に50g)
・製菓用薄力粉・・・70g
・片栗粉・・・10g
・牛乳・・・50cc
・マヨネーズ・・・大さじ2
・はちみつ・・・10g
・粉糖(飾り用)・・・お好みで

【クリーム】
・植物性クリーム・・・60cc
・動物性クリーム(乳脂肪分36%)・・・210cc
・牛乳・・・30cc
・グラニュー糖・・・小さじ6
・練乳・・・3~4滴

●作り方
1、オーブンは180~190度に予熱する。
卵は常温に戻す。

2、卵白と卵黄をそれぞれのボールに分け、卵白にグラニュー糖50gを2回に分けて入れ、電動泡立て器で角が立つぐらいまで泡立てる。

3、卵黄にグラニュー糖50gを2回に分けて入れ、少し白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜ はちみつ・牛乳・マヨネーズを入れ混ぜる。
そして3回以上ふるった薄力粉・片栗粉を入れサクッとゴムベラで合わせる

粉類をふるうことにより空気を多く含み「軽い仕上がり」になる。
また、片栗粉はグルテンを含まない為、軽い仕上がりになる。
さらに、生地にマヨネーズを混ぜて焼くと、乳化された植物油や酢がグルテンの形成に影響を与える為、生地がふくらみやすく、やわらかくなる。
はちみつは砂糖よりも保水性が高い為、しっとりとした仕上がりになる。
ただし、入れすぎると風味が強く出すぎたり、べたつきの原因にもなるので注意!

4、(2)のメレンゲを(3)に入れゴムベラで切るように混ぜてメレンゲの泡を消さないよう混ぜたら生地のタネが完成。

5、(4)をクッキングペーパーを敷いた天板に流しこみ、水を張った耐熱容器を一緒に入れ、180~190度のオーブンで9分間蒸し焼く。

サイゲン大介 ロールケーキ

途中焼き色をチェックしながら調整してください。

耐熱容器に水を張ったものを一緒に入れる事により、水分が蒸発し、生地のパサつきを抑えてくれる。

6、焼きあがった生地は網の上に焼き目を上にして置き「ぬれぶきん」をかけてあら熱をとる。

ぬれぶきんを生地の上にかける時に直接生地にかからないように注意する。

7、植物性クリーム・動物性クリーム・牛乳・グラニュー糖をボウルに入れ、氷水を当て冷やしながら電動泡立て器で9割くらい泡を立て最後に練乳を加えて泡立てる。

「動物性の生クリーム」のコクと「植物性のフレッシュ」で口当たりの軽さを出す。
練乳は牛乳に砂糖を加えて煮詰めたものなので、ほんの少量で「ミルキー」な風味を加えることが出来る。

8、クッキングシートの上にあら熱をとった(6)の焼き色を下にして置く。

シートにくっつきやすいようであればコーンスターチを敷くと良い。

9、(8)に手前を高くして(7)のクリームを生地に塗り、一気に優しく巻き込む。

サイゲン大介 ロールケーキ

サイゲン大介 ロールケーキ

クリームの手前を高くすることで巻きやすくなる。

10、巻き終わったら巻き終わりの部分を下にして、クッキングペーパーごと冷蔵庫で30分~1時間寝かせる。

11、仕上げに両端をカットし茶漉で粉糖を生地にふれば出来上がり!

サイゲン流!ホットケーキ

サイゲン大介 ホットケーキ

生地はしっとり&ふっくら。
ロールケーキで作ったクリームは生地の味を邪魔しないので、ホットケーキに添えれば一層美味しいサイゲン流ホットケーキになります。

●材料
・ホットケーキミックス・・・130g
・片栗粉・・・20g
・卵・・・1個
・牛乳・・・70ml
・マヨネーズ・・・大さじ1
・バター・・・10g
・はちみつ・・・大さじ1/2

●作り方
1、マヨネーズ、牛乳、卵を混ぜる。

2、(1)に片栗粉ホットケーキミックスを切るように混ぜる。

3、フライパンを温め、(2)の生地を流し入れ弱火で約3分焼く。

4、表面がブクブクしてきたら裏返して約2分焼く。

5、焼き終わったらフライパンにバターを溶かし、生地にしみ込ませれば出来上がり!

焼き上がる直前にバターを1片入れて全体にしみ込ませると、お店のようにしっとりと焼き上がります。