2015年6月9日のなるほどレストラン楽うまレシピは、
冷凍肉をおいしく解凍するレシピ。

お肉を解凍するとき、自然解凍では間に合わない場合、
電子レンジで解凍することも多いと思いますが、
肉汁が出てしまってもったいないなぁ・・・
ということありますよね。

そんな時は、氷水に浸けておくだけで、
お肉が素早く美味しく解凍できるそうなんです!

なぜ氷水につけるだけで、おいしく解凍できるのでしょうか?
食物学博士の佐藤秀美さんによると・・・

おいしく解凍するためには、5℃以下で解凍することが
ポイント。

肉は冷凍することで組織が破壊されるため、温度が急激に
上昇する常温(自然)解凍では、うま味成分が外に出やすく
なっています。

一方で、肉の温度を5℃以下に保つ氷水解凍だと、
うま味成分をとどめることができるそう。

さらに、水は液体で、液体は空気より熱の伝達力が20倍
高いとのこと。

よって、常温よりも氷水の方が、素早くおいしく解凍できるのです。

お肉をおいしく長持ちさせる方法

お肉を冷凍保存する時、ラップで包むと、ラップは通気性があるため、
冷凍臭などが食材についてしまいます。

お肉は「アルミホイル」で包むのがおすすめなんだそう。

アルミホイルは通気性がないため、美味しい状態での
長期保存向きです。

野菜の保存方法

レタスなどの野菜を冷蔵庫で保存すると、いつのまにかシナシナ
になってしまっていることありますよね・・・。

シナシナになった野菜は「ぬるま湯」につけておくと、
シャキッとします。

50℃のお湯に約10分浸けると、酵素の働きでシャキシャキ
に復活します!