2015年6月2日のなるほど!レストランは、
ゆで時間約10分のパスタが約2分でモチモチに
なる楽うまレシピ。
教えてくれたのは、食物学博士の佐藤秀美さん。

パスタが大好きで家で作ってみるも・・・
なかなかお店のように美味しく作れない
という人も多いのではないでしょうか?

特に、麺のゆで加減が難しいですよね。
硬かったり・・・柔らかくなりすぎたり・・・

乾燥パスタは、茹でる前に水に浸けておくだけで
時間を短縮し、モッチリと茹で上げられる

1、パスタは水の約2時間漬けおきする。
乾燥パスタが「ゆで麺」みたいな状態になります。

2、パスタを茹でる。
茹で時間は約2分。

乾燥パスタは茹でるのにけっこう時間がかかってしまうので、
これは有り難いですよね。

乾燥パスタを茹でる前に水に浸けておく
だけでモッチリとなる理由

パスタに含まれるでんぷんの分子構造は傘型。
水分と熱を加えることで傘が膨らみ茹で上がります。

しかし、先に水分を含ませることで大きく傘が開き、
熱でより多くの水分を吸収しモッチリするのです。

そばやうどんの乾麺も同じ方法でモッチリ感が増す。