2017年2月9日のNHK きょうの料理は、栗原はるみの定番ごはん。
メニューは、きのこスープ鍋&れんこん餅。

きのこスープ鍋

きょうの料理 きのこスープ鍋

●材料(4人分)
・しいたけ・・・1パック(150g)
・まいたけ・・・1パック(100g)
・しめじ・・・1パック(100g)
・えのきだけ・・・1袋(100g)
・豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・100g
・ゆでたけのこ(小)・・・2コ(150g)
・絹ごし豆腐・・・1丁(350g)

・好みのかんきつ類 適宜(すだち、柚子など)
 
・酢(お好みで)・・・適宜
・七味とうがらし(お好みで)・・・適宜
・花椒(ホワジャオ/お好みで)・・・適宜(軽くすりつぶす)
・ラーユ(お好み)・・・適宜
・塩・・・少々

【A】
・スープ・・・カップ8
※ぺースト状スープの素(中華風)大さじ1を、湯カップ8で溶いたもの。
・紹興酒・・・大さじ3
・しょうゆ・・・大さじ3~4
・うす口しょうゆ・・・大さじ2
・オイスターソース・・・大さじ2
・ごま油・・・大さじ1

●作り方
1、しいたけは軸を切り、せん切りにする。
まいたけは根元を切り、4cm長さのせん切りにする。
しめじは根元を切り、縦に2~4等分に手で裂く。
えのきだけも根元を切り落として4cm長さに切り、ほぐす。

きょうの料理 きのこスープ鍋

具材は細く切りそろえ、スープを際立てる。

2、たけのこは4~5cm長さのせん切りにする。
豆腐は水けをよくきり、4cm長さの棒状に切る。
豚肉は1cm幅に切る。

きょうの料理 きのこスープ鍋

きのこ、豚肉、豆腐が柔らかい口当たりなので、たけのこを加えています。
そのほかにせん切りの白菜やにんじん、ごぼうなど、歯ごたえのある野菜を好みで加えてもおいしいです。

3、鍋に【A】のスープを入れて火にかけ、温まったら残りの【A】を加える。
味をみて塩少々で調え、煮立ったら豚肉をほぐしながら加える。
アクが出たら除く。

具材から水分が出るので、味付けは少し濃いめに!
豚肉を先に入れて、鍋のスープにうまみを加える。

4、きのこ類、たけのこ、豆腐を加えて煮る。

5、火が通ったら器に盛り、好みでくし形に切ったすだちや柚子を搾り、好みで酢、七味とうがらし、花椒、ラーユを添える。

しめ

残ったスープに春雨(乾)100g(熱湯で数分間ゆで、長ければ切る)を加え、汁けがなくなるまで煮ると、具材のうまみたっぷりの「しめ」になる。
スープがたくさん残っていたら、汁けを残して溶き卵1コ分を回し入れ、スープ春雨にするのもオススメ♪

きょうの料理 きのこスープ鍋

遠藤酒造場 甘酒 遠藤酒造場

れんこん餅

きょうの料理 れんこん餅

●材料(各3~4個分)
・豆板醤、ラー油・・・各適量
・塩・・・少々
・サラダ油・・・少々
・ごま油・・・少々
・酢・・・適量
・しょうゆ・・・適量

【ごま味】
・レンコン・・・1節(正味100g)
・白玉粉・・・100g
・きくらげ(乾)・・・3g
・白ゴマ・・・適量

【ねぎ味】
・レンコン・・・1節(正味100g)
・白玉粉・・・100g
・細ねぎ・・・30g

●作り方
1、きくらげは水につけて戻し、水気をよく切り、かたいところを除いて細切りにする。
レンコンは洗って皮をむきすりおろす。
細ねぎは小口切りにする。

きょうの料理 れんこん餅

2、ボウルに【ごま味用】の白玉粉を入れ、レンコンを加えてスプーンなどで混ぜる。

きょうの料理 れんこん餅

水分が足りなければ、水(少々)を足しながら耳たぶほどの固さにする。

3、きくらげと塩少々を加え混ぜ、手で1つにまとめられるくらいのかたさにする。
【ねぎ味】の材料も同様にして細ねぎを加えて混ぜる。

4、それぞれの生地を3~4等分にし、丸く平たい形に整える。
ごま味の方はお皿にごまを入れ、片面だけ軽く押しつけてまぶす。

きょうの料理 れんこん餅

きょうの料理 れんこん餅

きょうの料理 れんこん餅

5、フライパンにサラダ油少々を熱し、(4)を入れて弱火で8~10分香ばしい焼き色がつくまで焼く。
ごま味の方はごまが付いている面から焼き、裏返してさらに5~10分焼く。
最後にお好みでごま油少々を回しかけ表面をカリッとさせてもOK!
器に盛り、豆板醤を添える。

ごま味の方は仕上げのごま油を加えるときにごまのついた面を上にするとより香ばしく仕上がる。

6、ラー油、酢、しょうゆ各適量を混ぜたものをつけていただきます。