2018年1月4日のNHK きょうの料理は、もち七変化!人気レシピベスト3。
メニューは、ねぎ豚もち、餅入り茶碗蒸し、陳さんちの餅鍋。

ねぎ豚もち

きょうの料理 ねぎ豚もち

●材料(2人分)
・切り餅・・・4コ
・ねぎ(青い部分も使う)・・・1本
・豚こま切れ肉・・・60g
・サラダ油・・・大さじ1/2~1
・酒・・・大さじ1/2
・しょうゆ・・・大さじ1/2強

●作り方
1、ねぎは5mm幅の斜め切りにする。

2、フライパンにサラダ油を熱して豚肉を入れ、ほぐしながら強めの中火で炒める。
色が変わったら、ねぎを加えて炒める。
具の上に餅をのせ、ふたをして弱火で1分間蒸し焼きにする。
具をからめるように餅の上下を返し、ふたをして約1分間蒸し焼きにする。
餅が柔らかくなるまでこの作業を繰り返す。

きょうの料理 ねぎ豚もち

切り餅はものによって火の通りが違うので、時間は目安にして、様子をみながら調理する。

3、酒、しょうゆを回しかけ、強火にして全体にからめる。

サロンドロワイヤル サロンドロワイヤル

餅入り茶碗蒸し

きょうの料理 餅入り茶碗蒸し

●材料(4人分)
・切り餅・・・2コ
・ゆり根・・・1/2コ(正味50g)
・柚子の皮・・・適量

【卵液】
・卵・・・4コ
・だし・・・カップ3
・みりん・・・大さじ3
・塩・・・小さじ1

【あん】
・だし・・・カップ1/2
・うす口しょうゆ・・・小さじ1
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1
・水・・・小さじ1

●作り方
1、餅は1コを6等分に切る。
ゆり根は1枚ずつはがしてよく洗い、柔らかくなるまでゆでてざるに上げる。

とろっとした食感の決め手はお餅!
小さく切ります。

ゆり根は大きさによってゆで時間が変わるので、数分間ゆでたら食べてみて、ホクッと柔らかくなっていれば大丈夫。

2、【卵液】をつくる。
だしにみりんと塩を加えて溶かし、熱ければ粗熱を取る。
卵を割りほぐして、泡が立たないように静かにだしを加え混ぜ、目の細かいざるでこす。

きょうの料理 餅入り茶碗蒸し

卵液はざるでこし、きめ細かくなめらかに。

3、耐熱の器に餅とゆり根を等分に入れ、(2)の【卵液】も等分に注ぐ。
スプーンの背で表面の泡をなでるように消し、器を1コずつラップでふんわりと覆う。

きょうの料理 餅入り茶碗蒸し

きょうの料理 餅入り茶碗蒸し

ラップをして蒸すので、茶碗蒸し用のふた付きの器がなくても大丈夫。

4、蒸気の上がった蒸し器で、弱めの中火で10~15分間蒸す。

この茶碗蒸しはとても柔らかいので、表面がフルフルと固まれば蒸し上がり。
だしが冷たい場合や器が厚い場合は蒸し時間が長くかかることがあるが、様子をみて、蒸しすぎないようにする。

5、(4)の蒸し上がりに合わせて【あん】をつくる。
小鍋にだしを温め、うす口しょうゆ、みりん、塩で調味し、煮立ったら水で溶いた片栗粉でとろみをつける。
蒸したての(4)の表面に【あん】をかける。
柚子の皮を薄くそいだもの(へぎ柚子)を添える。

あんをかけてワンランクアップ!
冷めにくい効果もあります。

伊藤久右衛門 伊藤久右衛門

陳さんの餅鍋

きょうの料理 陳さんちの餅鍋

●材料(4~5人分)
・切り餅・・・4個
・豚バラ肉(薄切り)・・・100g
・大根、にんじん・・・各50g
・長ねぎ・・・1/2本
・ちくわ(小)・・・2本
・さつま揚げ・・・1枚
・えのきだけ・・・1/2袋
・豆板醤・・・大さじ1

【煮汁】
・水・・・カップ3
・顆粒だしの素・・・小さじ1
・昆布茶(粉)・・・小さじ1/2
・みそ・・・大さじ1
・バター・・・大さじ1
・ラー油・・・適量

●作り方
1、切り餅は半分の大きさに切って、焼き網にのせて両面をこんがりと焼く。
豚肉は食べやすい長さに切る。

2、大根、にんじんは薄い半月形に切る。
長ねぎ、ちくわ、さつま揚げは3mm幅の斜め切りにする。
えのきだけは根元を切り落として、ほぐす。

3、フライパンを熱し、豚肉を入れて炒める。
脂が出て色が変わったら、豆板醤を加えて軽く炒める。

豚肉は豆板醤で味をつけておく。

4、鍋(または土鍋)に水(カップ3)、(2)で切った野菜を入れて中火にかける。
煮立ったら(3)の豚肉を加えて、中火で5~6分間煮る。

5、顆粒だしの素、昆布茶、みそを加えて溶き混ぜる。
(1)で焼いた餅を加え、餅が柔らかくなるまで、中火で2~3分間煮込む。

6、仕上げにバターを加えて溶かし、好みでラー油をふったら出来上がり!