2016年6月23日のNHK きょうの料理は、大宮 勝雄が教えてくれるポークジンジャーとMakoさんが教えてくれる豚のしょうが焼き。

ポークジンジャー

きょうの料理 ポークジンジャー

●材料(2人分)
・豚ロース肉 (2cm厚さ)・・・2枚(500g)

・しょうゆ・・・大さじ1と1/3
・水溶きコーンスターチ・・・小さじ1
(水1:コーンスターチ1の割合で溶いたもの)
・バター (食塩不使用)・・・25g

【A】
・しょうが (せん切り)・・・20g
・しょうが汁・・・大さじ1+1/3
・にんにく (すりおろす)・・・1かけ分
・プレーンヨーグルト (無糖)・・・小さじ1強
・はちみつ・・・小さじ1強
・白ワイン・・・大さじ2と1/3
・りんごジュース (果汁100%・透明なタイプが良い)・・・カップ1/2

【B】
・じゃがいもソテー・・・適量
・クレソン・・・適量
・塩
・こしょう
・小麦粉
・サラダ油 少々

●作り方
1、豚肉は両面から筋切りをし、脂身部分も両面から交互に深い切り込みを入れる。
両面にたっぷり塩・こしょうをふり、薄めに小麦粉をふる。

きょうの料理 ポークジンジャー

肉に厚みがあるので両面から筋を切り、焼き縮みを防ぐ。
脂身部分も切ることで、焼き上がりの形がきれいになる。

2、厚手のフライパンを強火で十分に熱し、サラダ油少々を入れ、(1)の豚肉を並べる。まめに上下を返しながら焼き色がしっかりつくまで焼き、側面も同様に焼く。

肉の脂で揚げ焼きをするように、全面にしっかり焼き色をつけながら焼く。
まめに返せば両面の焼き色、肉の縮み具合が同じになり、形も整う。

3、ステンレスのバットに(2)を並べ、焼き終わったフライパンの上にのせる。
アルミ箔をふんわりかぶせ、10~15分間おく。

きょうの料理 ポークジンジャー

きょうの料理 ポークジンジャー

余熱で火を通すのがポイント。
肉の熱が奪われないようにアルミ箔をかぶせる。
フライパンの熱を伝えて中心部まで余熱で火を通しながら、しっとり柔らかく仕上げる。
アルミ箔でぴったり覆ってしまうと焼いた面から肉汁が出やすくなるので、かぶせる程度にする。

4、(3)のフライパンに混ぜ合わせた【A】を入れ、強火にかける。
沸いたら水溶きコーンスターチを加えてひと混ぜし、バターを加え、バターが溶けたら火を止める。

5、(3)の豚肉をを肉汁ごと(4)に加えて全体をからめ、皿に盛り、【B】を添える。

じゃがいもソテーの作り方

1、じゃがいも2コ(400g)は皮をむいて厚めの輪切りにし、塩・こしょう各少々をふる。

2、厚手のフライパンを強火で熱してサラダ油少々を入れ、じゃがいもを並べてふたをする。
火を弱めて蒸し焼きにし、途中上下を返して焼き上げる。

豚のしょうが焼き

きょうの料理 豚のしょうが焼き

●材料(2人分)
・豚肩ロース肉(しょうが焼き用)・・・500g
・酒・・・大さじ2
・醤油・・・大さじ1
・片栗粉・・・大さじ2
・サラダ油・・・大さじ1強

・玉ねぎ・・・1/2個分
・合わせ野菜、トマト・・・適量
・マヨネーズ・・・適量
・七味唐辛子・・・適量

【A】
・しょうが(すりおろす)・・・50g
・にんにく(すりおろす)・・・2かけ分
・砂糖・・・大さじ1
・醤油・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ1と1/2

●作り方
1、【A】を混ぜ合わせる。

2、豚肉をバットに並べ、酒・醤油で下味をつけ、片栗粉をまぶす。

きょうの料理 豚のしょうが焼き

片栗粉をまんべんなくつけ、うまみを閉じ込める。

3、フライパンにサラダ油を熱し、(2)の豚肉を入れて、なるべく動かさないように焼く。

片面をしっかり焼いて、肉全体に火を通す。

4、(3)のフライパンのあいたところで玉ねぎを焼く。
(1)のタレを加えて、からめながら焼く。

玉ねぎに火を通しすぎないように手早くタレをからめる。

5、合わせ野菜・トマトを盛ったお皿に、(4)を盛り付け、マヨネーズ・七味唐辛子を添えたら出来上がり!