2015年7月1日フジテレビ バイキングのひるたつは、
食べても太らない油オメガ3を多く含むおすすめ食品ベスト5。
枝豆、うなぎ、イワシ、サチャインチナッツ、チアシード
がオメガ3を多く含んでいる食品。
チアシードウォーターの作り方やスーパーライスボウルのレシピが
紹介されていました。

「油は太る」はウソ!オグモクリニック総院長、奇跡の60歳
アンチエイジングのカリスマと言われる南雲吉則先生が教える

南雲先生は1年中水シャワー・・・。
私たちは恒温動物なので、温めれば温めるほど深部体温が下がり、
冷やせば冷やすほど内臓脂肪が燃えて深部体温が上がってくるそう。

また、果物や野菜の皮の中には、ポリフェノールという若返り物質が
入っているので、皮をむかずに皮ごと食べるのが南雲流!

固まらない良質な油は、オメガ3のえごま油・亜麻仁油、青魚の油など。
オメガ3を摂っていると、ダイエット、美肌効果、糖尿病予防、
高血圧予防、冷え性、便秘改善、ホルモンの活性化、子どもの学力アップ
などの効果があります。

バイキング オメガ3

それでは、南雲先生がオススメする「オメガ3」を含む食品ベスト5を
ご紹介します。

第5位 枝豆

バイキング オメガ3

タンパク質が豊富で栄養価が高い枝豆。
低カロリーでダイエット食品として注目されています。

枝豆の栄養がスゴイ!ビールのつまみにえだまめが最適な理由
枝豆のカロリーは、100gあたり135kcal。 枝豆は、大豆が熟す前の未熟果。 枝豆専用の品種も生まれ、今では200種あまりもあります。 枝豆の栄養 タンパク質が豊富な大豆と同様、タンパク質はもちろんのこと…
美味しい枝豆のゆで方&スパイシーホイル焼きレシピ【ジョブチューン】
2015年6月13日のジョブチューンは、 枝豆一筋35年、枝豆農家の丸山哲也さんが登場。 枝豆を一番美味しく食べるゆで方と、 バーベキュー(BBQ)でも簡単に作れる枝豆の スパイシーホイル焼きのレシピを教えてくれ…
クーラー病や夏バテに食べるとよい野菜は枝豆【林修の今でしょ講座】
2015年6月23日の林修の今でしょ講座は、シミ・肥満・脳梗塞など、 夏の悩みを解消する夏に食べたい最強野菜BEST5。 第5位 枝豆 クーラー病や夏バテは、冷房の効いた部屋と蒸し暑い外の激しい 温度…

第4位 うなぎ

バイキング オメガ3

うなぎを温めるとトロトロとろけて溶けているのが、オメガ3の油。
夏バテ防止の代表的なスタミナ食で、免疫力アップや疲労回復の効果
が高いです。
養殖ものより天然ものを食べてほしいと南雲先生。

第3位 イワシ

青魚の油(DHA・EPA)が豊富で、スピルリナという海面の藻(も)を
食べているので栄養満点な魚。
全ての栄養素が摂れるので、頭からしっぽまで丸ごと食べるのが南雲流。

第2位 ナッツ

バイキング オメガ3

1番オメガ3が含まれているのが「サチャインチナッツ」。
アマゾンでとれるサチャインチナッツは、オイルの半分がオメガ3。
ナッツの中でもタンパク質やミネラルも豊富です。

第1位 チアシード

バイキング オメガ3

ミランダ・カーが愛用していることで有名になったチアシード。
奇跡の食材として、海外セレブが注目しているスーパーフード。
オメガ3とポリフェノールが豊富です。
チアシードは「チアウォーター」として飲むのが南雲流!

チアウォーターの作り方

バイキング オメガ3

350mlの水にチアシードを10g入れてよく振ります。
10分間待つとジェル状のドリンクに!
ちなみに・・・まずいそうです。

南雲先生直伝!オメガ3絶品レシピ

スーパーライスボウル

バイキング オメガ3

●材料(2人分)
・玄米・・・1合
・ちりめんじゃこ・・・大さじ2
・桜えび・・・大さじ2
・チアシード・・・小さじ2
・サチャインチナッツ・・・20g
・塩昆布・・・10g
・梅干し・・・2個
・えごまの葉・・・2枚

●作り方
1、炙ったちりめんじゃこ、桜えびを玄米と混ぜる。

2、(1)にチアシード、砕いたサチャインチナッツ、
塩昆布、梅干しを加えて混ぜる。

バイキング オメガ3

3、えごまの葉で包んでおにぎりにしたら出来上がり!

バイキング オメガ3

チアシードウォーターに比べ・・・スーパーライスボウルは
美味しい!と評判でしたよ♪

オメガ3の油のことをもっと知りたい方は、南雲先生の本
がオススメ♪