2015年12月6日のこの差って何ですか?のプロ技で、炊飯器なしでご飯を炊く方法が紹介されていました。

炊飯器なしでご飯を炊く方法

使うのは、食品保存用の密封袋。

この差って何ですか? 12月6日

密封袋にお米1合あたり200ccの水を入れ、しっかり封をする。
後は沸騰したお湯に入れて20分間温めるだけでご飯が炊けます。

この差って何ですか? 12月6日

この差って何ですか? 12月6日

美味しく炊くポイントは、少しだけ空気を残しておくこと。
袋の中に空気がない状態だと動けないお米同士がくっついて硬くなってしまいますが、空気を少し残すと袋の中でお米が踊ることができるのでふっくら炊けるそう。

この差って何ですか? 12月6日

袋の中は飲み水じゃないといけませんが、鍋の水は川や海の水でOK!

鍋肌に直接袋が触れると溶けて破れる可能性があります。

具材と調味料を一緒に入れれば、炊き込みご飯も簡単に作ることができます。

この差って何ですか? 12月6日

この差って何ですか? 12月6日

この差って何ですか? 12月6日

さらに、カレーのルーと具材とご飯を一緒に温めれば、カレーライスを同時に作ることも可能!

この差って何ですか? 12月6日

この差って何ですか? 12月6日

この差って何ですか? 12月6日

書けなくなった油性ペンを復活させる方法

その他のプロ技で、書けなくなった油性ペンを復活させる方法も紹介されていました。
使うのは除光液
除光液を油性ペンのキャップに注ぎ、ペンをキャップに戻す。
あとはこのまま10分程放置するだけ。

この差って何ですか? 12月6日

この差って何ですか? 12月6日

ホワイドボード用のペンもこのプロ技で復活します!
水性ペンの場合は、ぬるま湯にしばらく浸すと復活するとのこと。

ペンが書けなくなるのは、ペン先からインクが蒸発して乾燥したインクが固まって詰まっている状態。
この場合、インク自体は残っていることが多いそう。
除光液には「アセトン」が含まれていて、アセトンが固まったインクを溶かしてくれます。