2016年1月24日のこの差って何ですか?で、時間が経った食べ物を復活させるプロ技が紹介されていました。

しなびたエビの天ぷら

水を吹きかけトースターで焼くと復活!

アルミホイルを一度くしゃくしゃにして広げ、エビの天ぷらをのせる。
霧吹きでまんべんなく水を掛け、トースターで1分程焦げない程度に焼くと復活。

この差って何ですか? 1月24日

霧吹きで掛けた水が焼くことで蒸発し、天ぷらに空洞ができることでサクサクした食感が戻る。
アルミホイルをくしゃくしゃにするのは、天ぷらから出る余分な油をくぼみに溜めて、再び天ぷらにつかない様にするため。

湿気たスナック菓子

この差って何ですか? 1月24日

電子レンジで加熱すると復活!
湿気たスナック菓子をラップを掛けずに30秒間電子レンジにかけたらOK。

トースターだと表面が焦げてしまうが、電子レンジだと食材の中から温めることができます。

乾燥した食パン

この差って何ですか? 1月24日

麦茶を吹きかけてトースターで焼くと復活!

乾燥した食パンに麦茶を霧吹きで裏表まんべんなく掛け、その後トースターで焼くとフワフワに復活する。

ただの水を吹きかけるよりも、パンと同じ麦を使った麦茶を使うことで、より美味しく復活させることができる。