クッションフロアは、洗面所やトイレ、キッチンなど水回りの床材に使われることが多いビニール素材のもので、ビニール床と呼ばれることもあります。
このクッションフロア、ビニール素材なので水を弾くし、サッと拭き取ったらすぐに汚れは落ちるのですが、放っておくと掃除がとんでもないくらい厄介に・・・。
できてしまった黒ずみやシミには重曹+キッチン用洗剤のダブル使いが効果を発揮してくれます!
そして頑固な黒ずみには、セスキ炭酸ソーダ水をプラスして徹底的に汚れを落としていくのがオススメ。
では、クッションフロア(ビニール床)の掃除方法をご紹介していきます。

重曹+台所用洗剤のダブル使いで黒ずみを落とす!

クッションフロア(ビニール床)の黒ずみの原因は、クッションフロアの凹凸に皮脂やアカ、ホコリが入り込み、踏み固められた汚れです。
この汚れには界面活性剤が効果てきめんなので、台所用洗剤を浸透させ、黒ずみを溶かしていきます。
そして、研磨作用のある重曹とのダブル使いでさらなる効果を発揮!

掃除に使うアイテムは、重曹、台所用洗剤、スッキリ!激落ちくん(メラミンスポンジ)、歯ブラシ、麺棒

クッションフロア 掃除 洗剤 画像

1、床の黒ずみに食器用洗剤+重曹を30gずつ垂らし、混ぜ合わせ、歯ブラシやメラミンスポンジでこする。

クッションフロア 掃除 重曹 画像
クッションフロア 掃除 重曹 画像

2、お湯できつくしぼった雑巾で泡やヌルつきがなくなるまで拭き、仕上げにから拭きをする。

クッションフロア 掃除 黒ずみ 画像
ビフォー
クッションフロア 掃除 黒ずみ 画像
アフター

びっしりあった黒ずみ(なんなら凹凸の全部ですが・・・)がこれでだいぶ取れてきれいにはなったのですが・・・。
凹凸部分に入り込んだ、まだ取り切れていない黒ずみがどうしても気になる!
ということで、セスキ炭酸ソーダ水を使ってみることにしました。

3、黒ずみが気になる箇所にセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけ、麺棒でなぞるように汚れを落とす。

クッションフロア 掃除 黒ずみ 画像
クッションフロア 掃除 黒ずみ 画像

え!スルスル黒ずみが取れるではありませんか!
画像見ていただいても分かると思うんですけど、さっきのアフター画像と全然違って、黒ずみがない状態になりました!

爪楊枝も使ってみたんですけど、力が入りすぎてすぐにポキッと折れてしまいました。
麺棒が抜群に良かったです!

クッションフロア 掃除 黒ずみ 画像

黒ずみがまだ取り切れていない箇所はあるのですが、黒ずみがなくなった部分とまだ黒ずみが残っている部分の違いがお分かりでしょうか?
見事に黒ずみが取れてキレイになっている部分がありますよね!
さすが!セスキ炭酸ソーダ!!

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりアルカリ度が10倍高いので、汚れ落としも強力なんです。

ちなみに私、セスキ炭酸ソーダが大好きで、何か掃除してて汚れが落ちなかったら、最後に絶対セスキ炭酸ソーダを試してしまう癖があります!

ただ、我が家のクッションフロアの模様ね、この凹凸にできる黒ずみを麺棒でピッカピカにしようと思ったら、半日以上はかかる見込み・・・。
これを大掃除のときにやってしまうと他の掃除ができなくなるので、暇をみつけて日頃からコツコツ少しずつやるしかないなぁ・・・と思った次第です。

こうなったら全部の黒ずみを取りたいんですよね~。
なんでもやり出したら止まらないタチです(笑)。

スポンサーリンク
おすすめの記事