小松菜には、カロテンやカルシウムなどの栄養素がたっぷり含まれています。
江戸時代に小松川(現在の東京都・江戸川区)で栽培されていたことから「小松菜」と呼ばれるようになり、今も東京都を中心に栽培されています。
アクが少なく、下ゆでも不要なので、手軽に調理しやすい野菜のひとつです。

小松菜 栄養

小松菜の栄養

小松菜のカロリーは、100gあたり14kcal。

小松菜は、カロテン、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、鉄、リン、食物繊維を豊富に含み、特にカルシウムはほうれん草の3倍以上で、骨粗しょう症予防にも効果的です。

ハウス栽培もさかんで1年中出回っていますが、アブラナ科の野菜なので、かぶや白菜と同様、冬が旬です。
寒さに強く、霜にあたると甘みが増して美味しくなります。

骨粗しょう症予防には・・・

カルシウムの体内吸収率を高めるには、タンパク質や油脂を含む食品と組み合わせることがポイント。
魚介類、肉類、豆腐、大豆加工品、乳製品などとの食べ合わせることを意識しましょう。
ちりめんじゃこと合わせておひたしにする、厚揚げと煮びたしにするなどが簡単でオススメです。

小松菜の新鮮な見分け方

●葉の緑が濃く、葉先までピンとしたみずみずしいもの

●大ぶりのしっかりした株で、茎にハリとみずみずしさがあると良い

小松菜 レシピ

<<その他の小松菜 レシピ

スポンサーリンク
おすすめの記事