2016年12月8日のあのニュースで得する人損する人は、サツマイモの得技!
1本約100円の安いサツマイモが、電子レンジの解凍モードで加熱すると甘くてホクホク!
本格焼き芋が簡単に作れる方法が紹介されていました。

あのニュースで得する人レシピ 焼きいも

●材料(1本分)
・サツマイモ・・・1本
・バター・・・5g
・しょうゆ・・・小さじ2

バター醤油を使わなくても、甘くてホクホクの焼きいもが作れます。
電子レンジでの加熱の仕方は全く同じです。

ジャパモニ ジャパモニ

●作り方
1、耐熱容器にバターとしょうゆを入れ、500Wの電子レンジで30秒加熱して、混ぜる。

2、クッキングシートでサツマイモ(1本)をぴったり覆い、片方の端をキャンディ包みのように閉じる。

あのニュースで得する人レシピ 焼きいも

あのニュースで得する人レシピ 焼きいも

3、(1)で作ったバターしょうゆを閉じていない包みの口から流し込み、もう片方の端もキャンディ包みのように閉じる。

4、耐熱皿に(3)でクッキングシートで包んだサツマイモをのせて、ラップをかけて500Wの電子レンジで2分加熱する。

5、加熱後、電子レンジから取り出さずにそのまま解凍モード(200W)で20分加熱したら出来上がり!

加熱によりサツマイモの「β-アミラーゼ」が麦芽糖を生成し、サツマイモが甘くなります。
甘さの元である麦芽糖が作られるのは、中心が約65~75℃の時で、65~75℃を長く保つとより甘くなります。
まず初めに電子レンジの通常モードで一気に50℃まで上げ、解凍モードで20分間加熱することでさつまいもが一番甘くなる65~75℃の状態をキープすることで、甘い焼きいもが作れるというワケです。
また、低温のため水分が飛びにくくホクホクに仕上げることができます。
さらに、バターはさつまいもに風味やまろやかさを加え、醤油がもっている香ばしい風味が焦げた石やきいもの香りを加えることによって、より美味しく感じられます。

あのニュースで得する人レシピ 焼きいも

サツマイモの大きさ、電子レンジの機種により、温め時間や仕上がりに違いが出る場合があります。
温めが足りないと感じた場合は様子を見て温める時間を調整してください。

スポンサーリンク
おすすめの記事