スイーツ

ホットチョコキウイ。タケムラダイさんのレシピ。

  • 閲覧数:9

教えてもらう前と後で話題になった「ホットチョコキウイ」のレシピをご紹介します。
冬の健康食材であるキウイとチョコレートを使った超簡単健康スイーツ。
教えてくれたのは、電子レンジ料理研究家のタケムラダイさん。

(情報元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2020年1月21日放映)

材料

材料
分量
板チョコ
2枚
牛乳
大さじ4
キウイ
2個

作り方

1

耐熱ボウルに板チョコを割り入れる。

2

(1)に牛乳を加える。

3

600Wの電子レンジで40秒温め、一旦取り出し、よく混ぜる。
再度600Wの電子レンジで40秒温め、さらによく混ぜる。
器に移す。

2回に分けてレンチンするのが、ダマにならないポイント。

4

キウイは水洗いして、皮ごと輪切りにする。
600Wの電子レンジで40秒温める。

温めることで酸味が減り、甘みが増す。

5

キウイをチョコにつけながらいただきます。


キウイ

キウイには冬を乗り切るための栄養がたっぷり含まれています。
キウイ1個には、レモン4個分のビタミンC、バナナ3本分の食物繊維が含まれています。

美味しくて栄養満点なキウイは、形が「やや平べったい」もの。
平べったいキウイは栄養満点。
メディカル青果物研究所の研究では、普通の丸い形をしているキウイのビタミンC(100gあたり)が67mgに対し、平べったいキウイは72mgと、ビタミンCが多く含まれていることが分かりました(キウイ各6個の平均)。

また、キウイの健康効果を劇的にアップさせるには「皮ごと食べる」のがおすすめ。
水洗いだけでOKです。
フルーツは皮の近くに大事な栄養素が多く含まれているので、できれば丸ごと食べる方がよいそうです。

チョコレート

チョコレートのカカオには冬を健康に乗り切る効果が期待できます。
人気の高カカオチョコには赤ワインの4倍強のポリフェノールが含まれています。

健康効果をアップさせるには、食事の間におやつとして食べるのがおすすめ。

ポリフェノールは体内に長く溜めることができないので、5gほどのチョコを1日に3~5回に分けて食べると効果が期待できます。

なな
だけど、チョコを食べると太るのでは?

先生
太りたくないという人は「オリゴ糖チョコ」がオススメ。

オリゴ糖チョコは、糖として吸収されないので血糖値が上がりづらく、カロリーも砂糖の半分。
また、胃や小腸で消化・吸収されず、大腸に直接届くので、腸内細菌のエサになります。
腸内環境がよくなると整腸作用や美肌にも効果が期待できます。

タケムラダイさんのレシピ本

新着レシピ

  1. 豆腐丼。めんつゆで作る簡単レシピ。

  2. バニラアイス。ちょい足しアレンジで味変。

  3. ふっくらジューシーハンバーグ。コーヒーゼリーで肉汁たっぷりレシピ。

記事を読む

新着記事 おすすめ記事
  1. 冷凍焼けしないステーキ肉の冷凍保存方法

  2. HITTトレーニング 4つのメニューとやり方

  3. 牡蠣が縮まない下処理方法。塩水で洗うのがポイント。

  4. 牡蠣の「生食用」と「加熱用」の違い&美味しい牡蠣の選び方。

  5. 動かないゼロトレのやり方。肩こり&腰痛改善に効果的。

  1. 【金スマ】腸活 7つのメソッド~腸活に効果がある食べ物&ストレッチ

  2. 【有吉ゼミ】石黒のお掃除グッズ&佐藤満春流!換気扇の掃除のやり方

  3. 【マツコの知らない世界】狭い隙間が掃除できる効果抜群お掃除グッズ

  4. 【駆け込みドクター】便移植療法で病気治療&ダイエット効果!

  5. 【林先生が驚く初耳学】防水スプレーの効果的な使い方&最強「ネバーウェット」