2018年1月21日の男子ごはんレシピは、2017大反響レシピ ベスト3。
第1位は玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ、第2位はピリ辛砂肝チャーハン、第3位はピリ辛ブリ大根でした。

玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ

男子ごはん 玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ

●材料(2人分)
・牛ステーキ肉(3cm厚さ)・・・2枚(1枚約400g)
・塩・・・小さじ2
・黒こしょう・・・適量
・にんにく・・・2片
・オリーブ油・・・大さじ1/2

【トッピング】
・赤パプリカ、黄パプリカ・・・各1/4個
・インゲン(塩茹でしたもの)・・・5~6本

【ソース】
・玉ねぎ・・・1/2個(約140g)
・りんご・・・1/4個(約100g)
・にんにく・・・1/2片
・バター・・・10g

【A】
・赤ワイン・・・100cc
・醤油・・・65cc
・みりん・・・30cc

【ガーリックバター】
・バター(常温に戻したもの)・・・30g
・おろしにんにく・・・1/4片分
・パセリ(みじん切り)・・・小さじ2

●作り方
1、牛肉は室温に戻す。(30分~1時間ほど)
塩、黒こしょうを振って10分おく。

牛肉を常温に戻しておくことで、美味しいレアに仕上がる。

2、ガーリックバターを作る。
バター、おろしにんにく、パセリを合わせてよく混ぜる。
ラップで包んで円柱状にまとめて冷蔵庫で冷やし固める。

男子ごはん 玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ

3、インゲンは長さを半分に切る。
赤パプリカ、黄パプリカは縦半分に切る。
にんにくは半分に切る。

4、ソースを作る。
玉ねぎ、にんにくはすりおろす。
りんごは皮と種を取り除いてすりおろす。
小鍋にバターを溶かし、りんご、玉ねぎ、にんにくを加えて炒める。
透き通ってきたら【A】を加えて中火で3~5分煮詰める。

5、スキレットをよく熱してオリーブ油を引き、にんにくを入れて炒める。
香りが出てきたら牛肉を入れて中火で4分焼く。
肉から水分が出てきたら強火にする。
途中にんにくに焼き色がついたら肉の上にのせて焼く。
返して2分焼く。
空いているところに赤パプリカ、黄パプリカ、インゲンを加えてさらに2分焼く。

鉄鍋を十分に温め、牛肉の片面に焼き目がつく中火で4分焼くことで肉汁を閉じ込めることができる。

牛肉は厚さによって多少差が出るので、様子をみながらお好みの焼き加減に仕上げる。

6、(4)のソースをアルミカップに入れて添える。
食べる直前で肉の上にガーリックバターをのせる。

サロンドロワイヤル サロンドロワイヤル

第2位 ピリ辛砂肝チャーハン

香味油で炒めることで、砂肝の臭みを消すのがポイント!

男子ごはん ピリ辛砂肝チャーハン

●材料(2人分)
・砂肝・・・100g
・鶏ひき肉・・・150g
・レンコン・・・90g
・玉ねぎ・・・1/8個(30g)
・万能ネギ・・・1/2束
・にんにく、しょうが・・・各1片
・温かいごはん・・・400g
・サラダ油、片栗粉、塩、黒こしょう・・・各適量

●作り方
1、砂肝は1cm角に切って塩(ひとつまみ)を振る。

2、レンコンは粗みじん切りにして水にさらす。
玉ねぎは薄切りにして片栗粉をまぶす。
万能ネギは小口切りにする。
にんにく、しょうがは薄切りにする。

3、フライパンを熱してサラダ油(大さじ2)を引き、玉ねぎを入れて中火でカリッと揚げ焼きして取り出す。
油が足りなくなったら随時足す。
続いてにんにく、しょうがを入れてきつね色に揚げ焼きして取り出す。

男子ごはん ピリ辛砂肝チャーハン

香味野菜を揚げ焼きにしてチャーハンに合わせることで、コクが出て美味しく仕上がる。

4、(3)のフライパンに鶏ひき肉を入れて強火でほぐしながら炒める。
砂肝を加え、色が変わったらレンコン、塩(小さじ1/2)、黒こしょう(約小さじ1)を振って炒める。
全体に火が回ったらご飯を加え、ご飯を広げながらフライパンの底にあてて軽く焼き目をつける。
ほぐしながら炒める。

5、ご飯に油が回ったら(3)を崩しながら炒め合わせる。
最後に万能ネギを加え、味をみながら塩(小さじ1/3)で調えたら出来上がり!

伊藤久右衛門 伊藤久右衛門

第3位 ピリ辛ブリ大根

酒と梅干しでさっと下茹ですることで、ブリの臭みを取るのがポイント。
ブリは脂ののったブリを使うことで、硬くなりにくく美味しく仕上がります。

男子ごはん ピリ辛ブリ大根

●材料(2人分)
・ブリ・・・4切れ
・大根・・・1/2本(約550g)
・塩・・・1つまみ
・梅干し・・・2個
・春菊・・・適量

【A】
・おろししょうが・・・大1本分
・みそ・・・大さじ3
・みりん、砂糖・・・各大さじ2
・醤油・・・大さじ1
・豆板醤・・・大さじ1/2
・コチュジャン・・・小さじ1

【B】
・水・・・400cc
・酒・・・100cc

●作り方
1、大根は3cm厚さに切り、少し厚めに皮をむいたら両面に十字の切り込みを入れる。
太い部分は半分に切る。
ブリは水気を拭く。

2、鍋に大根、かぶるくらいの水、塩を入れて強火にかける。
沸いてきたら火を弱めて20分くらい下茹でする。
竹串でスッと通ったら取り出す。

3、【A】をよく混ぜる。

4、別の鍋に【B】、潰した梅干しを入れて火にかける。
沸いてきたらブリを加えて弱めの中火で煮る。
表面が白っぽくなってきたら取り出す。

男子ごはん ピリ辛ブリ大根

5、(4)に【A】、大根を加えて落し蓋をして5分煮る。
さらにブリを加えて10分煮る。
蓋を取って好みの濃さになるまで煮詰める。
器によそって春菊を添える。

ブリを煮た鍋でさらに大根を煮ることで、ブリの旨味も染み込み、美味しく仕上がる。

スポンサーリンク
おすすめの記事