2018年1月11日のあのニュースで得する人損する人は、イタリアンの鬼才 小林幸司シェフのリメイクレシピ。
今回は、おでんがイタリアンに大変身!

おでんのクロケッタ~和風タルタルソース添え~

あのニュースで得する人 おでんのクロケッタ

●材料
【おでんの具材】
・じゃがいも・・・2個分
・ちくわ、昆布、さつま揚げ、つみれ、大根、がんもどき、ごぼう天、こんにゃく・・・各1個
・パン粉・・・大さじ2
・オリーブオイル・・・大さじ1

【衣】
・小麦粉・・・適量
・卵・・・1個
・パン粉・・・適量
※すべてのパン粉をミキサーなどで細かく砕いておくと、よりシェフのレシピに近づきます

【タルタルソース】
・おでんの卵・・・2個
・マヨネーズ・・・30g
・ケイパー・・・10g
・パセリ・・・適量

●作り方
1、おでんの具材をそれぞれ細かく刻んでいく。

2、具材を全てボウルへ入れ、マッシャーで主にじゃがいもをつぶしていく。

3、(2)にパン粉を加えてさらに混ぜる。

パン粉をさらに細かく砕いておくと混ぜやすくなる。

4、小分けした(3)を手で丸めて形を作る。

丸める時はハンバーグを形作る時のように手と手の間をペタペタと叩きつけながら空気を抜く。

5、(4)を、小麦粉・溶き卵・パン粉の順にまんべんなく付けていく。

パン粉は一度ミキサーにかけて細かくし、さらにザルでふるいにかけて細かいものを使うのがベスト。
卵をつける時はフォークで転がしながら付けると手に卵が付かない。
パン粉を全体に付けた後、さらに多めにパン粉を手に持って上からギュッと押し付けると、揚げたあとにフワッとした食感につながる。

6、高温の油に(5)を入れ、キツネ色になるまでコロコロ転がしながら揚げていく。

揚げる前にタネを30秒ほど置いておく。
そうするとパン粉がおちついてパリッと揚がる。
おでんは元々火が通っているので、高温で揚げる事で、短時間で表面だけカリカリに揚がる。

7、ボウルに、細かく刻んだおでんの卵、マヨネーズ、ケイパーを入れヘラで混ぜ、パセリを加える。

8、(6)をお皿に盛り付け、(7)を添えて、仕上げにオリーブオイルをかけたら出来上がり!

スポンサーリンク
おすすめの記事