2018年2月5日のNHK きょうの料理は、‟ホッと”クリーミーおかず。
メニューは、チキンのポテトクリーム煮&かきとほうれんそうのカレー風味グラタン。

チキンのポテトクリーム煮

きょうの料理 チキンのポテトクリーム煮

●材料(2人分)
・鶏もも肉(大)・・・1枚(300g)
・じゃがいも・・・1コ(80g)
・たまねぎ・・・1/2コ(100g)
・しめじ・・・1/2パック(50g)
・生しいたけ・・・4枚(70g)
・牛乳・・・カップ3/4
・塩
・黒こしょう(粗びき)
・サラダ油・・・小さじ1
・バター・・・5g
・水・・・カップ3/4

●作り方
1、じゃがいもは皮をむいて水につける。
たまねぎは繊維に沿って薄切りにする。
しめじは根元を切り落として小房に分ける。
しいたけは石づきを除いて半分に切る。
鶏肉は余分な脂を取り除き、4等分に切り、塩(小さじ1/2)と黒こしょう少々をふってしっかりすり込んでおく。

煮込み時間が短いので、鶏肉にしっかり味をつけておくことが、おいしさのポイント。

2、フライパンにサラダ油を入れ、鶏肉の皮側を下にして並べる。
中火で熱し、約2分間動かさずに焼く。
上下を返して約30秒間焼き、いったん取り出して火を止める。

3、フライパンの中の鶏肉の脂を紙タオルで拭き、バターを入れて中火にかける。
溶けて泡立ってきたら、(1)のたまねぎときのこ類を加え、しんなりするまで約2分間炒める。
(2)の鶏肉を戻し入れ、水を加える。
沸いたらふたをし、弱めの中火にして5~6分間煮る。

具材に焦げ目をつけないように炒めると、仕上がりが美しい白色に!

4、牛乳を加え、沸いたら火を止める。
(1)のじゃがいもをすりおろして加え、中火にかけて手早く全体を混ぜる。

おろし器の目が細かいと煮汁がなめらかに、粗いと粒が残って食べごたえのある仕上がりになる。

5、とろみがついたら塩・黒こしょう(各少々)で味を調える。

木べらで鍋底に線が残るくらいのとろみが目安。
堅ければ牛乳少々を足して調整する。

板野酒造場 甘酒 板野酒造場 甘酒

かきとほうれんそうのカレー風味グラタン

●材料(2人分)
・かき(加熱用)・・・12個(200g)
・片栗粉・・・大さじ1
・水・・・大さじ1
・サラダ油・・・小さじ1

【ソース】
・ほうれんそう・・・150g
・バター・・・20g
・塩、黒コショウ・・・各少々
・小麦粉・・・20g(約大さじ2)
・牛乳・・・カップ1と1/4
・カレー粉・・・小さじ1/2

【トッピング】
・パン粉・・・大さじ1と1/2
・粉チーズ・・・大さじ1/2
・サラダ油・・・小さじ1
・カレー粉・・・少々

●作り方
1、ソースに使うほうれんそうは3cm長さに切り、熱湯でサッと堅めにゆでる
水につけて冷まし、水気をしっかり絞る。

2、かきはボウルに入れ、片栗粉・水(各大さじ1)を加えてからめる。
片栗粉が灰色になったらよく洗って水気をきり、紙タオルで水気をしっかり拭き取る。

3、フライパンにサラダ油を中火で熱し、かきを並べて約30秒間焼く。
上下を返して約30秒間焼き、火を止めて取り出す。

4、(3)のフライパンを洗わないでバターを入れて中火で熱し、溶けて泡立ってきたら(1)のほうれんそうを加えてサッと炒める。
塩・黒コショウをふり、小麦粉をふり入れて、手早く全体を混ぜる。

小麦粉をまんべんなくからめることで、ソースがダマになるのを防ぐ。

5、ほうれんそうに小麦粉がまんべんなくからみ、粉ぽさがなくなったら牛乳を加える。
沸いてきたら全体を混ぜ、とろみがつくまで約1分間煮る。
カレー粉(小さじ1/2)をふって混ぜ、塩・黒コショウで味を調える。

カレー粉を加えると、かきの独特の香りがやわらぐ。

6、グラタン皿に(3)のかきを並べ、(5)のソースをのせる。
トッピングに使うパン粉、粉チーズ、サラダ油、カレー粉を混ぜて、ソースの表面に散らす。

7、200℃に温めたオーブンに入れ、こんがり焼き色がつくまで、10~15分間焼いたら出来上がり!

スポンサーリンク
おすすめの記事