2018年2月5日のNHK きょうの料理は、ホッと”クリーミーおかず。
メニューは、豆腐クリームのお好みあえ&里芋のクリーミーごま揚げ。

豆腐クリームのお好みあえ

きょうの料理 豆腐クリームのお好みあえ

●材料(2人分)
・絹ごし豆腐・・・1/2丁(150g)
・鶏むね肉・・・100g
・みつば(小)・・・1ワ
・えび(殻付き)・・・4匹
・生しいたけ・・・2枚
・れんこん・・・約100g

・練りごま(白)・・・大さじ4
・豆乳(無調整)・・・大さじ4
・西京みそ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ3
・塩

【A】
・だし・・・大さじ1
・練りがらし・・・小さじ2
・うす口しょうゆ・・・小さじ2(なければ、しょうゆ大さじ1にかえてもよい)

●作り方
1、豆腐はざるにのせて1時間程度おき、水きりする。
みつばは根を切り、約3等分に切る。
鶏肉は厚さを半分にそぎ切りにし、バットなどに入れ、酒をふる。
えびは竹串で背ワタを取り、尾の先を斜めに切り落とす。

2、フライパンに鶏肉を酒と一緒に入れ、ヒタヒタの水を加える。
ふたをして弱火にかけ、鶏肉の表面が白くなってきたら、えびを加える。
えびが赤く色づいたら火を止め、みつばを加える。
ふたをしたまま1~2分間、みつばに火が通るまで蒸らす。
熱いうちに塩1つまみを全体にふってざっと混ぜ、取り出しておく。
鶏肉は粗熱が取れたら食べやすい大きさに切り分ける。

みつばは火を止めてから加えて余熱で蒸らし、シャキッとさせる。

3、しいたけは石づきを取り、半分か4等分に切る。
れんこんはよく洗い、皮ごと約1cm厚さのいちょう形か半月形に切る。
【A】は混ぜ合わせる。
魚焼きグリルで、しいたけは中火で3分間、れんこんは5~6分間、こんがりと焼く。
ボウルに入れ、熱いうちに混ぜた【A】にからめる。

4、(1)の豆腐を表面加工のしてある鍋に入れ、弱めの中火にかける。
練りごまを加え、ある程度水分がとぶまで、3分間くらい泡立て器などで混ぜる。
豆乳を加え、トロリとするまで混ぜながら温める。
クリーム状になったら西京みそを加えて混ぜる。

豆乳はみそを加えると分離しやすいので注意。
加熱している間は泡立て器で混ぜ続け、なめらかな口当たりに仕上げる。

5、(2)のえびは殻をむき、鶏肉、れんこん、しいたけ、みつばとともに皿に盛りつけ、好みで塩適量を全体にふる。
(4)を添える。

好みの具を取り分け、豆腐クリームをかける。
混ぜながら食べてもおいしい。

遠藤酒造場 甘酒 遠藤酒造場

里芋のクリーミーごま揚げ

きょうの料理 里芋のクリーミーごま揚げ

●材料(2人分)
・鶏もも肉・・・60g
・ごぼう・・・2cm
・長ねぎ・・・5cm
・コショウ・・・少々
・うす口しょうゆ・・・小さじ1
・里芋・・・3個
・長芋(すりおろす)・・・大さじ3~4
・揚げ油・・・適量

【衣】
・米パン粉・・・適量(なければパン粉でもよい)
・白ごま、黒ごま・・・各適量

【付け合わせ】
・塩・・・適量
・かぼす(または好みの柑橘/くし形に切る)・・・適量

●作り方
1、コロッケのタネを作る
鶏肉は身、皮、脂肪に切り分け、それぞれ粗みじん切りにする。
ごぼうは皮をこそげて粗みじん切りにする。
長ねぎも粗みじん切りにする。

2、鶏肉の皮と脂肪をフライパンに入れ、中火にかける。
十分に脂が出たら、ごぼうを加えて炒める。
ごぼうに火が通ってきたら、鶏肉の身を入れて炒め、色が変わってきたら長ねぎ、コショウ、うす口しょうゆを加えてザッと混ぜる。

3、里芋はよく洗い、耐熱の保存容器に入れてフタをし、600Wの電子レンジで柔らかくなるまで4分間ほど加熱する。
やけどに注意して、熱いうちに皮をむく。
ボウルに入れて、麺棒などでよくつぶし、(2)の具材を加えて混ぜる。

4、長芋を加え、全体をなめらかに混ぜる。
ラップをして、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

つぶした里芋にすりおろした長芋いを加えるとよりクリーミーに!
里芋の堅さをみて、長芋の量は加減する。

5、(4)のタネを6等分にする。
スプーン2本を使って丸め、米パン粉をまぶす。
バットに白ごまと黒ごまを入れて混ぜ合わせ、米パン粉の上からまぶす。

コロッケの生地は冷蔵庫で冷やしたあとも、手で触ると粘りが出てまとまりにくいので、カレースプーンを2本使ってクルクル丸めて形を整える。

6、揚げ油を中温(170℃)に熱し、もう一度スプーンで形を整えてから、2~3分ほどこんがりと揚げる。

7、器に盛り、塩をふり、かぼすを添えたら出来上がり!

スポンサーリンク
おすすめの記事