2017年7月26日のNHK きょうの料理は、どいちなつの夏を楽しむ食卓。
メニューは、たことしょうがの炊き込みご飯、ゆで鶏のたまねぎ塩だれ、トマトと塩こうじの冷製スープ。

たことしょうがの炊き込みご飯

きょうの料理 たことしょうがの炊き込みご飯

●材料(4人分)
・ゆでだこの足(大)・・・2本(200g)
・米・・・360ml(2合)
・しょうが・・・20g
・昆布(10×10cm)・・・1枚
・パクチー・・・適宜
・水・・・360ml

【A】
・酒・・・大さじ3
・塩・・・小さじ1

●作り方
1、米は洗って30分間ほど浸水させ、ざるに上げて水をきる。

2、たこは5mm厚さの薄切り、しょうがはよく洗って皮付きのまま、せん切りにする。

3、土鍋に(1)の米と【A】、水360mlを入れて軽く混ぜ、(2)のたことしょうがを加えて昆布をのせる。
ふたをして強めの中火にかけ、沸騰して蒸気が出たら弱火にして10分間炊く。
火を止めて約20分間蒸らす。
炊飯器の場合も同様にし、普通に炊く。

4、昆布を取り出して全体をサックリ混ぜ、器に盛る。
好みでパクチーを添える。

パクチーのほかに、細切りにした青じそやみょうがともよく合う。

板野酒造場 甘酒 板野酒造場 甘酒

ゆで鶏のたまねぎ塩だれ

きょうの料理 ゆで鶏のたまねぎ塩だれ

●材料(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚(350g)
・しょうが・・・1片
・長ねぎの青い部分・・・15cm
・塩・・・少々
・ミント、すだち・・・各適量

【たまねぎ塩だれ】
・たまねぎ・・・1/4個
・すだちの搾り汁・・・小さじ1
・しょうがの搾り汁・・・小さじ1/2
・塩・・・小さじ1
・黒コショウ(粗びき)・・・少々

●作り方
1、鶏肉は塩(少々)をふり、軽くもみ込んで下味をつける。
しょうがはよく洗って、皮付きのまま薄切りにする。
長ねぎは5cm長さに切る。

2、鍋に鶏肉としょうが、長ねぎを入れ、ヒタヒタにかぶるくらいの水を注いで中火にかける。

3、沸騰したらアクを取り除いて、弱火にし、鶏肉の上下を返して約10分間ゆでる。
ゆで終わったら火を止めて、そのままおいて粗熱を取る。

鶏肉のゆで汁はスープにしても。
塩で味をととのえ、好みでコショウやすだちで香りづけするのもおすすめです。

4、たまねぎはみじん切りにしてボウルに入れる。
すだちの搾り汁、しょうがの搾り汁、塩(小さじ1)、黒コショウを加えて混ぜ合わせる。

5、鶏肉が冷めたら1cm厚さに切って器に盛り、お好みでミントや4等分にしたすだちを添えたら出来上がり!
(4)で作ったたまねぎ塩だれをかけていただきます。

サロンドロワイヤル サロンドロワイヤル

トマトと塩こうじの冷製スープ

きょうの料理 トマトと塩こうじの冷製スープ

●材料(4人分)
・トマト・・・6~8個(1kg)
・ローリエ・・・2枚
・塩こうじ・・・大さじ1弱
・オリーブオイル・・・適量

●作り方
1、トマトは皮に浅く十文字の切り込みを入れ、熱湯に10秒間入れて冷水にとる。
冷めたら皮をむいてヘタを取り除き、3cm角に切る。

2、鍋にトマトとローリエを入れ、中火にかける。
煮立ったら弱火にし、アクを取り除く。
焦げつかないよう木ベラで混ぜながら約20分間、トマトの形がなくなるまで煮込む。

トマトの甘さを味わうため水を加えない。

3、火を止めてそのまま冷まし、粗熱が取れたらローリエを取り、保存容器に入れて冷蔵庫で冷やす。

4、食べる直前に塩こうじで味をととのえる(塩こうじの量はお好みで調整する)。
器に盛り、オリーブオイルをかけたら出来上がり!

塩こうじの粒が気になる場合は、ハンドミキサーやすり鉢でつぶすと口当たりがなめらかになります。

スポンサーリンク
おすすめの記事