2017年11月27日のNHK きょうの料理は、イチオシひき肉レシピ。
メニューは、牛そぼろねぎ丼・かぼちゃのそぼろあんかけ・やわらかつくね鍋。

牛そぼろねぎ丼

きょうの料理 牛そぼろねぎ丼

●材料(2人分)
・ご飯(温かいもの)・・・茶碗2杯分
・紅しょうが・・・適量

【牛そぼろねぎ】
・牛ひき肉・・・150g
・長ねぎ・・・1本(70g)
・しょうが・・・1/2片
・サラダ油・・・小さじ1
・砂糖、みりん・・・各大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ2
・水・・・カップ1/4

●作り方
1、牛そぼろねぎを作る
長ねぎは薄く斜め切りにする。
しょうがは皮をむいてせん切りにする。

2、フライパンにサラダ油を中火で熱し、しょうがを入れてサッと炒める。
火から外して牛ひき肉を加えヘラなどで広げて切るようにほぐしながら炒める。

3、半分ほぐれたら火にかけて炒め、パラパラになったら長ねぎを加えて混ぜるように軽く炒める。

牛ひき肉から出るうまみとコクでだしいらず!

4、砂糖、みりん、しょうゆ、水を順に入れて混ぜ、フタをしないで中火で2分間ほど、汁気が少なくなるまで煮る。

ひき肉と長ねぎを炒めたところに、調味料を砂糖から順に加える。
合わせ調味料にするよりも砂糖の溶け残りがなく、味がよくしみる。

5、ご飯を器に平らに盛り、牛そぼろねぎを汁ごとのせ、紅しょうがを添えたら出来上がり!

サロンドロワイヤル サロンドロワイヤル

かぼちゃのそぼろあんかけ

きょうの料理 かぼちゃのそぼろあんかけ

●材料(2人分)
・かぼちゃ・・・250g
・水・・・大さじ2
・柚子の皮(せん切り)・・・適量

【そぼろあん】
・豚ひき肉・・・60g
・サラダ油・・・小さじ1/2
・だし・・・カップ1/2
・砂糖、しょうゆ・・・各小さじ2
・片栗粉・・・大さじ1/2
・水・・・大さじ1

●作り方
1、かぼちゃは種とワタをスプーンですくい取る。
耐熱皿にのせ、水をふり、ラップをふんわりとかけ、600Wの電子レンジで4分間ほど加熱する。

2、竹串がスッと通るくらいにかぼちゃが柔らかくなったら、水気をきり、フォークなどで一口大にくずして器に盛る。

フォークでくずすと断面が粗くなり、そぼろあんのからみがよくなる。

3、鍋にサラダ油を中火で熱し、豚ひき肉を入れて炒める。
パラパラになったら、だし、砂糖、しょうゆを加えて混ぜる。

4、煮汁が沸いたら、火から下ろして片栗粉(大さじ1/2)を水(大さじ1)で溶いて回し入れる。
再び火にかけ混ぜながら煮立ててとろみをつける。

5、(2)のかぼちゃにそぼろあんをかけ、柚子の皮をのせたら出来上がり!

伊藤久右衛門 伊藤久右衛門

やわらかつくね鍋

きょうの料理 やわらかつくね鍋

●材料(2人分)
・小松菜・・・100g
・水菜・・・60g
・えのきだけ・・・100g

【やわらかつくねのタネ(作りやすい分量)】
・水・・・大さじ2
・小麦粉・・・大さじ1

≪A≫
 ・鶏ひき肉・・・150g
 ・しょうが汁・・・小さじ1
 ・塩・・・小さじ1/4
 ・こしょう・・・少々

【煮汁】
・だし・・・カップ4
・しょうゆ・・・小さじ1
・みりん・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1/2

●作り方
1、【やわらかつくねのタネ】を作る。
小さめのポリ袋に≪A≫の材料を入れ、小さめのゴムべらで混ぜる。
水を加えて均一に混ぜ、最後に小麦粉を加えて混ぜる。

きょうの料理 やわらかつくね鍋

小さいボウルにポリ袋を沿わせてかぶせるようにセットすると、タネが混ぜやすい。
水と小麦粉を加えたゆるめのタネにするとやわらかつくねに!

2、小松菜、水菜は根元を切り落としてよく洗い、6cm長さに切る。
えのきだけは根元を切り落として粗くほぐす。

3、鍋に【煮汁】の材料を入れて中火にかける。
煮立ったら、【やわらかつくねのタネ】の入ったポリ袋の角を切り落としてタネを一口大に絞り出し、水でぬらした菜箸で切って落とす。

きょうの料理 やわらかつくね鍋

袋の片側の角を料理ばさみで3cmほど切り落とし、タネを絞り出す。

4、再び煮立ったら弱火にし、3~4分間ほど煮る。
(2)を適量ずつ加え、サッと煮る。
好みのたれをつけて食べる。

たれ3種

おろしりんごしょうゆだれ
りんご1/4コの皮と芯を除いてすりおろし、しょうゆ大さじ1を加えて混ぜる。

柚子(ゆず)こしょうマヨだれ
マヨネーズ大さじ2に柚子こしょう約小さじ1/4を加えて混ぜる。

ねぎさんしょうポン酢
ポン酢しょうゆ(市販)大さじ2、ねぎ(みじん切り)3cm分、粉ざんしょう少々を混ぜ合わせる。

スポンサーリンク
おすすめの記事