2017年9月16日のサタデープラスは、水島弘史先生の弱火調理レシピ。
メニューは、オムライス&だし巻き卵。

オムライス

サタデープラス オムライス

●材料(1人分)

【チキンライス】
・鶏もも肉・・・60g
・玉ねぎ・・・20g
・パプリカ・・・30g
・マッシュルーム・・・20g
・トマトペースト・・・18g
・日本酒・・・20g
・ごはん・・・150g
・塩・・・3g
・砂糖・・・3g
・こしょう・・・適量
・水・・・大さじ3

【オムレツ】
・卵・・・2個
・牛乳・・・50g
・塩・・・1.2g
・こしょう・・・適量
・砂糖・・・1g
・無塩バター・・・10g

●作り方
1、鶏もも肉、玉ねぎ、パプリカ、マッシュルームをだいたい同じ大きさに切る。

2、フライパンに油をひき、鶏もも肉を皮目を下にして並べ、弱い中火にかけて焼く。
色づいてきたら裏返して1~2分焼く。

3、一旦、鶏肉を取り出し、フライパンをキレイにする。

4、フライパンにサラダ油をひき、玉ねぎ、パプリカ、マッシュルームを弱火で5分ほど炒める。

具材を油でコーティングすると、余分な水分やうま味が逃げ出しにくい。

5、(4)に鶏肉を戻して、日本酒を加え、アルコールを飛ばす。
一旦、具材を取り出す。

6、ボウルで受けたザルにご飯を入れ、水をかけてご飯をほぐし、お米の粘りを洗い取り、サラダ油をかけコーティングする。

7、(6)のご飯をフライパンに入れ、弱火で4~5分切るように炒め、余分な水分を飛ばす。

8、フライパンの真ん中を空け、トマトペーストを加えて少し香りを出してからご飯全体に混ぜ合わせる。

9、(8)に具材を戻して、塩、砂糖、コショウで味付けする。

10、具とご飯を混ぜ合わせる。

11、ボウルに卵を入れ、コシを切るよに混ぜ、牛乳、塩、砂糖、コショウを加える。

砂糖の保水効果でふわふわ&破れにくい卵に!

12、フライパンにバターを入れ、弱い中火にかける。

13、バターが溶けたら、卵を入れ、ゴムベラで混ぜる。
とろみがつき、混ぜ跡が残って、フライパンの底が見えるようになってきたら火から外して、フライパンの上で均一にたまごを整え、弱い中火にかけ表面を固める。

弱火でかき混ぜながら火を入れるとふわふわになる。

14、フライパンを逆手に持ち、反対の手でお皿を持ち、V字になるように構え、オムレツをのせたら出来上がり!

サタデープラス オムライス

エテルノ 美容液 エテルノ 美容液

だし巻き卵

サタデープラス だし巻き卵

●材料(2人分)
・卵・・・3個
・水・・・50g
・塩・・・1g
・醤油・・・3g
・砂糖・・・0.4g
・サラダ油・・・0.4g

●作り方
1、ボウルに卵を割り入れ、菜箸を立てて、漢字の「一」の字を書くように動かし、卵をコシを切る。

2、(1)に水、塩、醤油、砂糖を加え、混ぜる。

3、フライパンに油をひき、卵を流し入れ、弱火にかける。

サタデープラス だし巻き卵

熱する前のフライパンに薄く卵をひく。

4、フライパンを傾けても卵が流れなくなったら、卵を巻く。

5、2度目からは、さらに薄めに入れ、同じ要領で巻いていく。

6、全てのたまご液を焼いたら、巻きすに取り、巻いて、粗熱を取ったら出来上がり!

巻きすがなければ、アルミホイルでもOK。

スポンサーリンク
おすすめの記事