2015年6月23日の林修の今でしょ講座は、シミ・肥満・脳梗塞など、
夏の悩みを解消する夏に食べたい最強野菜BEST5。

林修の今でしょ講座 枝豆

第5位 枝豆

クーラー病や夏バテは、冷房の効いた部屋と蒸し暑い外の激しい
温度差で私たちの体温を調節する自律神経のバランスが崩れる
ことで起こります。
クーラー病や夏バテ対策に繋がる成分が入っているのが、枝豆。

枝豆は大豆の未熟果で、大豆と野菜の特徴を併せ持っています。
そして、枝豆は野菜なのにタンパク質が牛バラ肉よりも豊富。
ビタミンとタンパク質が両方採れる嬉しい野菜なのです。

さらに、枝豆はビタミンB1の宝庫で、枝豆に含まれているビタミンB群は、
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸。
ビタミンB群は、自律神経を整えることに繋がると期待できる栄養素です。

夏に枝豆を食べると良い理由

外は暑いが部屋の中は寒いという急激な温度差により、自律神経のバランス
が崩れ、だるさや頭痛を引き起こすのがクーラー病の特徴。
さらに、自律神経のバランスが崩れると夏バテしやすくなります。

ビタミンB群が不足すると、自律神経が乱れやすいことから、
夏に枝豆を食べるのがおすすめ。

ビタミンB1は、アルコールで消耗し、炭水化物の代謝に必要なので、
アルコールや炭水化物を多く摂取する時は、より多くの枝豆を食べる
と良いとのこと。

では、枝豆の栄養を逃さない食べ方は?

枝豆とシラスのパスタ

熱中症や夏バテにおすすめ!
枝豆にはビタミンB12が入っていないので、それをシラスで補える
ことができるので、理想的な組み合わせ。
また、夏は炭水化物に偏りがちで、ビタミンB1を消耗しやすいのですが、
枝豆に含まれているビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換する
手助けをしてくれます。

林修の今でしょ講座 枝豆

●材料(1人前)
・枝豆・・・100g
・シラス・・・100g
・パスタ・・・80g
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1本
・オリーブオイル・・・適量
・塩・・・適量

野菜で13kgのダイエットに成功した管理栄養士 岸村康代先生の著書↓

枝豆の栄養がスゴイ!ビールのつまみにえだまめが最適な理由
枝豆のカロリーは、100gあたり135kcal。 枝豆は、大豆が熟す前の未熟果。 枝豆専用の品種も生まれ、今では200種あまりもあります。 枝豆の栄養 タンパク質が豊富な大豆と同様、タンパク質はもちろんのこと…
美味しい枝豆のゆで方&スパイシーホイル焼きレシピ【ジョブチューン】
2015年6月13日のジョブチューンは、 枝豆一筋35年、枝豆農家の丸山哲也さんが登場。 枝豆を一番美味しく食べるゆで方と、 バーベキュー(BBQ)でも簡単に作れる枝豆の スパイシーホイル焼きのレシピを教えてくれ…
弱った胃腸&夏風邪対策の夏野菜はオクラ【林修の今でしょ講座】
2015年6月23日の林修の今でしょ講座の夏に食べたい野菜 第3位は、オクラ。 夏は胃腸が弱りやすい季節。 つい冷たいものを食べ過ぎてお腹を壊してしまったり、 暑さで食欲がわかなかったりしますよね・・・。 …
紫外線・シミ対策に最強の夏野菜は赤パプリカ【林修の今でしょ講座】
2015年6月23日の林修の今でしょ講座の夏に食べたい最強野菜 第2位は、赤パプリカ。 紫外線が原因でできるシミ対策に効果大な野菜が赤パプリカです。 夏になるときつくなるのが紫外線。 紫外線は肌にシミをつくる…
ダイエットの味方!夏野菜明日葉スムージー レシピ【林修の今でしょ講座】
2015年6月23日の林修の今でしょ講座の夏に食べたい最強野菜 第1位は、明日葉。 ダイエットやメタボ対策にオススメの明日葉スムージーの オリジナルレシピをご紹介! 第1位 明日葉 冬に比べて基礎代謝が落ち…