2015年6月13日のジョブチューン、
超一流農家&漁師 旬の食材ぶっちゃけランキング
9位はカツオ。

カツオの新鮮な見分け方、余ったカツオのたたきや刺身で
作るカツオの竜田揚げレシピ、カツオ一本釣り漁の方法
などを紹介してくれました。

刺身を醤油+マヨネーズで食べると美味しいなんて
衝撃的!

春から初夏にかけて「初カツオ」と呼ばれ、
旬を迎えるカツオ。

日本有数のカツオの名産地である高知県で
行われている漁法と言えば・・・
「カツオの一本釣り」。
一本釣りで釣られたカツオは、まき網漁のカツオに比べ
傷がつきにくいので、商品価値が高く、高級料亭でも
取り扱われています。

高知県で親子三代で漁師をしているのが、カツオ漁師の
荒木啓弘(よしひろ)さん。
その日に水揚げするという「日戻りカツオ」が人気。

カツオの一本釣り漁では、カツオをたった10分間で
およそ1トン釣り上げる!そう・・・。

新鮮なカツオの見分け方

虹色に光るカツオは鮮度が落ちている証拠。
虹色はカツオ自体の脂で、虹色に光っているということは、
その脂が外に出てしまっているということ。

ジョブチューン カツオ

カツオ漁師がオススメするカツオの食べ方

皮がついたまま食べるカツオの銀造り

ジョブチューン カツオ

初カツオは脂が少ないため、醤油+マヨネーズで食べる
のがオススメだそう。
カツオの刺身にマヨネーズ?という感じですが、
食べたゲストの方は「美味しい!」「合う!」と絶賛でした。

カツオの竜田揚げ レシピ

余ったカツオのたたきや刺身を美味しく食べる漁師飯が
「カツオの竜田揚げ」。

ジョブチューン カツオ

●材料
・カツオのたたき・・・6切れ
・醤油・・・150cc
・みりん・・・30cc
・片栗粉

●作り方
1、カツオを醤油、みりんを混ぜたものに5分ほど漬け込む。

2、キッチンペーパーで水気を切り、片栗粉を付けて
180℃の油できつね色になるまで揚げたら出来上がり!

カツオ一本釣り漁の知られざる秘密

ブイを設置してカツオの群れを集める

カツオは群れで行動する魚で、春になると潮の流れに
沿ってゆっくりと北上します。
初夏に高知県沖で釣れるのが「初カツオ」。
そして、北上して戻ってきて秋に釣れるのが「戻りカツオ」。

ジョブチューン カツオ

太平洋のど真ん中にブイを設置していて、ブイの下に
カツオが居着く習性があるので、それをめがけて釣りに
行くそう。
ブイなどの浮遊物の下には、次第に藻(も)が発生し、小魚が
集まってくるのでカツオはこの小魚をエサにするため、
ブイを設置すればカツオの群れが居着きやすくなる。
ブイは高知県沖に10個以上も設置されています。

カツオを見つけるために鳥の群れを探す

小魚を食べる鳥の群れの近くには、同じ小魚を食べようと
カツオが集まってきます。

水をまきイワシの大群がいるように見せる

イワシをエサにして船の近くにカツオを集めます。
カツオは生きたイワシしか食べません。
さらに、海面に向かって勢いよく水を噴射します。

カツオがすぐ外れるように釣り針に返しがない

釣り針にエサは付けず、代わりにビニールを付けて、
カツオが「イワシだ!」と勘違いして釣り針に食いつく
ようにする。
また、船の先頭に座るのは「へのり」と呼ばれる最も
腕の良い漁師だそう。

ジョブチューン カツオ

ジョブチューン カツオ