2015年9月27日の林先生が驚く初耳学で、土井善晴さんが土鍋で簡単に
美味しいご飯を炊く方法、フライパンで美味しい焼き魚の作り方を
教えてくれました。

栗の土鍋ご飯

栗から美味しい味が出るので、出汁ではなく水で炊きます。

林先生が驚く初耳学 栗ご飯

1、土鍋に研いだお米、水、塩、栗を入れ、初めから強火で炊く。

土鍋は熱の伝わる速度が遅いので、最初かた強火でも中は弱火状態。

2、強火のまま13分経過した頃、沸騰したら火を止めます。

熱くなった土鍋は冷めにくいので、火を消しても中は強火の状態。

3、15分蒸らしたら出来上がり!

焼き魚

1、まず魚に塩を振りますが、左手に塩を振って魚に塩を落とすという
「ワンバウンド投法」のようなやり方をすれば、塩がムラなくできます。

林先生が驚く初耳学 栗ご飯

2、皮にハケで油を塗る。

林先生が驚く初耳学 栗ご飯

3、皮目を下にして、フライパンを一番弱火にして焼く。

切り身は角度があるので、フライパンの端で焼くことによって
皮目の方からじっくり焼くことができる。
一方から火を通すと身がゆっくり加熱し、水分や旨味が逃げない。

林先生が驚く初耳学 栗ご飯

4、10分ほど焼いたら裏返す。
裏返して1分ほど焼き、焼き目をつけたら出来上がり!

林先生が驚く初耳学 栗ご飯