2015年7月12日の林先生が驚く初耳学は、プレス食材について。

女性が健康と美容のために飲んでいるのが、コールドプレスジュース。
フレッシュな果物や野菜を材料を専用のジューサーで細かく刻み、
ゆっくりと時間をかけて圧縮することで熱が出ないように絞り出す
ことで、野菜の栄養素が摩擦熱で壊れるのを防ぎます。

林先生が驚く初耳学

そんなコールドプレスジュースが大人気の中、栄養たっぷりの「ある野菜」
が密かなブームになっているとのこと。

ミシュランガイド二つ星をとった完全予約制のフレンチレストランが
この野菜を使っているそうですが、取材を受けることでその野菜が
他店に広まりすぎると困る・・・とのことで取材はNG。

取材OKだったお店が、ミシュランガイドで一つ星をとった広島県にある
フランス料理「ル ジャルダン グルマン」。

栄養たっぷりのある野菜が、なんと鉄工所で作られているそう・・・。
有限会社 瀬戸鉄工は、携帯電話の部品などの加工工場ですが、
下の機械で野菜を作っています。

林先生が驚く初耳学 プレス食材

その機械から作られる野菜が、「プレス食材」。

林先生が驚く初耳学 プレス食材

ミシュランレストランがプレス食材を認める理由

・栄養価
レストランの調理場ではできない加工で、形は平べったく薄く
なっているが、高温で加熱してあっても栄養素があまり破壊されて
いないため。

瞬間高温高圧焼成法

約60トンの高圧と200~300℃の高温で0.6秒という短時間でプレス。
熱を一瞬しか加えないので、熱に弱い栄養素もほぼ失うことなく
加工できます。

・味と香り
高温高圧でプレスしているので、食感もいいし、味や香りも出やすい。
他の食材と合わせても美味しいので、どんな料理にも使えます。

食材を0.2mmの薄さに加工することで、食材の細胞が壊れ、旨味と香り
が引き出されます。

現在、プレス食材は50種類以上あって、通販で購入可能!
<<瀬戸鉄工の通販ショップはコチラ