2016年2月7日の林先生が驚く初耳学で、みかんを焼くと美容効果がアップする理由、焼きみかんを使ったアレンジ料理レシピが紹介されていました。
また、大根おろしが格段の美味しくなるという職人手作りの銅おろし金(東京・勅使河原製作所)が紹介されていました。

焼きみかんでシミ・ソバカスを改善!

美容効果がアップするというみかんの成分が「βクリプトキサンチン」。
βクリプトキサンチンは、メラニン色素を抑える働きがあるので、シミ・ソバカスを改善する効果が期待できるというもの。
みかんの身にも含まれていますが、皮には約3.5倍含まれていて、みかんを焼くことによって皮から染み出してきた脂と一緒に果肉に染み込むので、そのまま食べるよりも焼いて食べた方がより摂取しやすくなるというワケです。

焼きみかんと生姜のホットジュース

林先生が驚く初耳学 焼きみかん

1、焼きみかん果実3個分、皮1個分、生姜5gをミキサーで混ぜる。

2、ミキサーで混ぜたものを温める。

焼きみかん入りサラダ

林先生が驚く初耳学 焼きみかん

1、焼きみかんの果実と皮を刻み、ベビーリーフ・ルッコラと混ぜる。

2、オリーブオイル・塩で味付けする。

銅おろし金(東京・勅使河原製作所)6804円

土井善晴さんからの出題。

手作り職人のおろし金でおろした大根おろしは、シャキシャキ感があり、一口食べた瞬間にものすごい甘みがあって、プラスチック製でおろした大根おろしとは味が全然違うとのこと。
銅おろし金の大根おろしが格段に美味しい理由とは?

銅おろし金は、「おろす」のではなく「刃で切る」ので、水分量に大きな差が出ます。

林先生が驚く初耳学 大根おろし

一般的なおろし金は細胞を潰すので、水分と繊維が分離してしまい、栄養も辛味成分も流れてしまうのが欠点。

それに比べて職人手作りの銅のおろし金は、大根をすり潰さず、するどい刃で細かく切ることによって、細胞内の水分や栄養を保った大根おろしができるというワケです。

おろした大根を「巻きす」の上へ置くと、搾るのに比べると自然に水分を切ることができるので、「ふんわりとした大根おろし」になります。

林先生が驚く初耳学 大根おろし

勅使河原製作所の「銅おろし金」が通販で購入できます↓