日本人が最も食べている果物ランキングで1位
なのが、「バナナ」。
スーパーの青果売り場に行くと、いろいろな種類の
バナナが並んでいますが・・・
同じフィリピン産なのに、安いバナナと高いバナナが
ありますよね。

この値段の差って何なのでしょうか?
それは、
「栽培されている土地の標高が高いか低いか」の差。
高地栽培のバナナは値段が高く、低地栽培のバナナは
値段が安いのです。

なぜ、高地栽培のバナナは甘くなるの?

バナナは寒さに弱く、バナナベルトと呼ばれる標高20m以下
の暖かい土地で作られてきました。

この差って何ですか? バナナ

高地栽培のバナナは、標高500m以上の高地で栽培されており、
標高の高い土地で育った方が甘いバナナになります。

バナナの木は日中に光合成を行うことで糖分を蓄えられ、
夜になるとこの糖分がバナナの実に運ばれ、甘さを増して
いきます。
光合成をして、糖分を蓄え、運ぶことを毎日繰り返すことに
よってだんだんバナナは甘くなっていくのです。

つまり、収穫までの期間が長いほど甘くなります。

低地栽培のバナナは、収穫までに約10か月かかりますが、
高地栽培されたバナナは、気温が低いため成長が遅くなり
収穫までに約13か月かかってしまいます。
そのため、3か月分余計に糖分が蓄えられることになり、
甘くなるというワケ。

糖度を計ってみると・・・
安いバナナの糖度は約19度で、高いバナナの糖度は約22度。
約3度の差もあるんですって♪