この差って何ですか?絶対に失敗しない!家庭で作る美味しい餃子 レシピ

2017年7月11日のこの差って何ですか?は、家庭で作る美味しい餃子の作り方。
絶対に失敗しない餃子の包み方、焼き方が紹介されていました。

の差って何ですか?餃子

●材料
・豚ひき肉
・キャベツ
・ニラ
・ニンニク
・ショウガ
・塩
・コショウ
・酒
・醤油
・ごま油
・鶏ガラスープ

●作り方
1、キャベツを刻み、塩をひとつまみ入れ、塩もみをして7〜8分待つ。

キャベツの水分をとるのがポイント。

2、ニラは細かく刻む。
ショウガ・ニンニクをすりおろす。

3、ひき肉をボウルに入れて、ニンニク、ショウガ、塩、コショウ、酒、醤油、ごま油、鶏ガラスープ」を加える。

餃子のタネに使う豚のひき肉は、「白っぽい」ひき肉がオススメ。
白っぽいひき肉は脂身が入っているので、コクが出てジューシーに仕上がる。

4、(3)に砂糖を加え、混ぜる。

砂糖は、味をまろやかにし、コクを引き立たせる役割がある。

肉・調味料を先に混ぜ、後からキャベツ・ニラを入れ軽く混ぜるのがポイント。
長時間キャベツ・ニラを混ぜると水分が出てベチャベチャになります。

5、餃子のタネを皮で包む
タネをのせ、タネの脂を餃子の皮の端に塗る。

絶対に失敗しない包み方は、
(1)皮を半分に折り、(2)親指と人差し指で両端をくっ付ける、(3)あとは開いている部分を閉じる。

の差って何ですか?餃子

の差って何ですか?餃子

6、熱する前のフライパンに餃子を並べる。

熱する前のフライパンに並べることで焼きムラがなくなる。
家庭では熱したフライパンを餃子に並べるが、並べた餃子から加熱され焼き時間が変わる。

7、強火で1分間焼き色をつける。

の差って何ですか?餃子

弱火や中火だと火力が足りず、蒸す時間が長くなり、皮がグチャグチャになる。

8、(7)にお湯を加えて、強火でおよそ3分半蒸す。

「水」だとフライパンの温度が一気に下がり、蒸し時間が長くなりベチャベチャになる。

9、水分がなくなったら、パリパリ感をつけるために油を回しかけ、盛り付けたら出来上がり!