MENU

【サタデープラス】水島弘史流!絶対失敗しない イサキのムニエル レシピ

2017 5/14
【サタデープラス】水島弘史流!絶対失敗しない イサキのムニエル レシピ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年5月13日のサタデープラスは、水島弘史先生の弱火調理レシピ。
メニューは、イサキのムニエル。
絶対失敗しない本格ムニエルの作り方は必見です♪

●材料(2人分)
・イサキ・・・2尾(300g)
・塩(3枚におろした切り身の分量)・・・小さじ1/2
・コショウ・・・適量
・打ち粉・・・15g(大さじ1)
・無塩バター・・・100g
・ミニトマト・・・8個
・そら豆(塩茹でしたもの)・・・10粒
・レモン汁・・・小さじ1
・ケイパー・・・小さじ1
・パセリのみじん切り・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1/5

サロンドロワイヤル サロンドロワイヤル

●作り方
1、イサキは3枚におろす。
ミニトマトは半割、または縦四つ割りにする。
パセリはみじん切りにする。
そら豆は塩茹でする。
レモン汁を絞る。

2、イサキに塩こしょうで下味をつけ、打ち粉をハケで表面につけて、十分にはたいておく。

サタデープラス イサキのムニエル

打ち粉はお化粧のようにするべし!
薄く打ち粉をすることにより、仕上がりもキレイで余分な油を吸わずヘルシーに。

3、フライパンにバターを入れて、火にかける(弱い中火)。
40~50秒くらいで泡が出始めるくらいの火加減で。

バターは惜しまず使うべし!
低い温度で火を入れることで、バターの旨味を染み込ませ、ふっくらな仕上がりに。

4、バターが溶けて、泡が大きくなり、軽くピチピチとはじけるような状態になったら魚を入れる。

5、魚を入れると温度が少し下がるので、そのまましばらく待つ。
再度泡がフツフツとしてくる。

6、フライパンの周囲に細かい泡が増えて、全体が泡に包まれる状態、あるいはフライパンの縁のほうの泡が少し色付くくらいになる。

7、スプーンやお玉でバターをしっかりすくって、バターを高いところから流し落とす。
魚にはかけないのがポイント。

8、魚の周囲が白っぽくなり、7~8割の高さまで白っぽく火が通ったらひっくり返す。
ひっくり返したら30秒~1分で火が通ります。

サタデープラス イサキのムニエル

9、魚を取り出して、ペーパーにあげる。

10、バターをハシバミ色に近づけるように火を中火にする。

11、泡が消えてきたら火を止め、レモン汁、ミニトマト、そら豆、ケイパー、塩、パセリを加えて混ぜる。

12、皿に魚を盛り付け、ソースをかけたら出来上がり!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる