MENU

【NHKきょうの料理】焼きみそ豚カツ&ミルフィーユ牛カツ レシピ

2017 3/04
【NHKきょうの料理】焼きみそ豚カツ&ミルフィーユ牛カツ レシピ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年2月23日のNHK きょうの料理は、ザ・ミーツの肉グルメ「新・カツ」。
メニューは、焼きみそ豚カツ&ミルフィーユ牛カツ。

目次

焼きみそ豚カツ

きょうの料理 焼きみそ豚カツ

●材料(2人分)
・豚ヒレ肉(塊)・・・450g
・にんにく(すりおろす)・・・大さじ1~2
・パン粉(粗いもの)・・・適量

・練りがらし・・・適量
・塩・・・少々
・こしょう(黒/粗びき)・・・少々
・揚げ油・・・適量
・サラダ油・・・小さじ2

【A】
・小麦粉・・・大さじ4
・卵・・・1コ

【ねぎみそ(作りやすい分量)】
★残ったら保存容器に入れて、冷蔵庫で1週間保存可能。
・赤みそ・・・75g
・ねぎ(粗みじん切り)・・・50g
・砂糖・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1

【B】
・長芋(皮付きのまま4~6等分にする)・・・適量(10cm)
・なす(ヘタをつけたまま縦半分に切って皮に切れ目を入れる)・・・適量(1コ)
・エリンギ(縦半分に裂く)・・・適量(2本)

【C】
・貝割れ菜(根元を落とす)・・・適量
・トマト(くし形切り)・・・適量

●作り方
1、豚肉は常温に戻し、4cm厚さを目安に6等分に切る。
切り口を上にして握った手でグッと押し、1~2cm厚さに広げる。
両面に塩・黒こしょう各少々をふり、にんにくを全体に塗る。

きょうの料理 焼きみそ豚カツ

きょうの料理 焼きみそ豚カツ

きょうの料理 焼きみそ豚カツ

ヒレ肉を手で押し広げてやわらかくする。
ヒレ肉は柔らかいので、切り口を手で押すだけで簡単に大きく広がります。
小さなヒレ肉が豚カツ用の肉くらいの大きさに!
また、にんにくを塗ることで風味とうまみがアップ!

2、ボウルに【A】を練り混ぜ、(1)につけ、パン粉をまぶす。
フライパンに揚げ油を入れて180℃に熱し、肉を入れる。
上下を返しながら3~4分間揚げ、全体がこんがり色づいたら取り出す。

卵と小麦粉を混ぜて、はがれにくい衣にする。
粗めのパン粉もしっかりつくので、サクッと揚がり、油のキレもよい。

3、ボウルに【ねぎみそ】の材料を入れてよく混ぜ、舟形に整えたアルミ箔に入れる。
【B】の野菜はポリ袋に入れ、サラダ油小さじ2を加えてからめる。
魚焼きグリルにねぎみそが入ったアルミ箔とポリ袋から取り出した野菜を並べ、約10分間焼いて表面に焼き色がついたら取り出す。

きょうの料理 焼きみそ豚カツ

きょうの料理 焼きみそ豚カツ

4、皿に(2)を盛り、【B】と【C】、練りがらしを添え、【ねぎみそ】適量をかける。

Vアップシェイパー

ミルフィーユ牛カツ

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

●材料(2人分)
・牛肉(すき焼き用)・・・4枚(320g)
・トマト・・・2個
・スライスチーズ(半分に切る)・・・3枚分(60g)
・生ハム(小)・・・6枚(30g)
・バジルの葉(生)・・・6枚
・オレガノ(乾燥)・・・少々
・タイム(生)・・・適宜
・オリーブオイル・・・少々
・塩コショウ・・・少々
・卵・・・適量
・小麦粉・・・適量
・パン粉(細かいもの)・・・適量

●作り方
1、トマトはヘタを取り、5mmの輪切りにする。
アルミ箔に乗せて塩コショウ(少々)し、オレガノ、タイム、オリーブオイルをかけて魚焼きグリルで9分焼く。

2、牛肉2枚の端を重ねてLの字におき、塩コショウ(少々)をふる。

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

お肉が重なった部分にスライスチーズ、バジルの葉、生ハムを重ねてのせ、下側になっている方の牛肉を折り重ねる。

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

その上に同様にチーズ、バジルの葉、生ハムを乗せ先ほどとは別の方の牛肉を折り重ねる。

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

再度チーズ・バジル・生ハムを乗せ、牛肉を折り重ね、余った部分の牛肉を上下に折りたたんで、形を整える。

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

3、小麦粉、卵、パン粉をまぶす。★パン粉はキメの細かいものがおすすめ。

4、フライパンに揚げ油を180℃に熱し、(3)を入れ、蓋をして揚げる。
キツネ色になったら裏返し、蓋をして揚げる。
油をカツにかけながら衣をカリッとさせる。

蓋を取る時は水滴が油に落ちないように注意しましょう。

5、油から取り出したら、アルミ箔をかぶせて余熱で火を通す。

6、(1)をお皿に器に盛り付け、(5)を真ん中でカットし、トマトの上に乗せて、バジルの葉を飾ったら出来上がり!

きょうの料理 ミルフィーユ牛カツ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる