MENU

【NHKきょうの料理】みそおでん&いかにんじん レシピ

2017 12/01
【NHKきょうの料理】みそおでん&いかにんじん レシピ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年11月30日のNHK きょうの料理は、土井善晴の味こよみ。
メニューは、みそおでん&いかにんじん。

目次

みそおでん

きょうの料理 みそおでん

●材料(4人分)
・鶏もも肉・・・1枚
・ねぎ・・・1本
・こんにゃく・・・1枚
・焼き豆腐・・・1/2丁
・うずらの卵・・・10コ
・ぎんなん・・・16コ
・里芋・・・4コ

・昆布だし・・・適量(昆布10cm四方 1枚を、水カップ4に1時間以上つけたもの)
・すりごま(白)・・・適宜
・七味とうがらし・・・適宜
・塩

【合わせみそ】
・赤だしみそ・・・40g
・白みそ・・・50g
・砂糖・・・大さじ2
・酒・・・カップ1/3

【しょうがみそ】
・赤みそ・・・100g
・砂糖・・・大さじ1
・酒・・・カップ1/3
・しょうが(皮付きのまますりおろす)・・・50g

●作り方
1、みその準備をする。

合わせみそ
酒以外の材料を鍋に入れ、酒を加えてみそを溶きのばしながらゴムべらでよく混ぜ合わせる。
弱火にかけ、へらで絶えず練り混ぜながらひと煮立ちさせる。

しょうがみそ
しょうが以外の材料を【合わせみそ】と同様に混ぜ合わせて煮詰め、最後にしょうがを加えてサッと煮立て、なじませる。
それぞれ、小ぶりで高さのある耐熱の器に入れる。

みそは土鍋の中で温められるよう、湯のみに入れるのがオススメ。

2、具の下ごしらえをする。
鶏肉は一口大に切り、ねぎは2cm長さに切る。
鶏、ねぎ、鶏と交互に串を打つ。
こんにゃくは、塩少々をまぶしてまな板の上でもみ、水で洗って水けを拭く。
1cm厚さに切って中央に切り目を入れ、片端を切り目にくぐらせて手綱こんにゃくにし、串を打つ。
焼き豆腐は、2cm角、5cm長さに切って串を打つ。
うずらの卵は、水からゆで、沸騰したら4分間ゆでて堅ゆでにする。
殻をむいて2コずつ串を打つ。
ぎんなんは、殻を割って塩ゆでにし、薄皮をむいて3~4コずつ串を打つ。
里芋は、洗って水からゆで、煮立ってからさらに20分間ゆでる。
皮をむいて、大きければ二つ割りにして串を打つ。

3、土鍋に(1)のみその器を入れ、(2)の具を入れる。
昆布だしを具がかぶるくらいに注いで中火にかける。
アクが出れば取り除く。
具が温まったら、取り皿に取って好みのみそをつけて食べる。
好みですりごま、七味とうがらしをふる。

サロンドロワイヤル サロンドロワイヤル

いかにんじん

きょうの料理 いかにんじん

●材料(作りやすい分量)
・にんじん・・・1本(200g)
・干しするめいかと昆布を刻んだもの(※市販の松前漬けセット)・・・25g
・酒・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1
・水・・・大さじ5

市販の松前漬けセットは、干しするめいか、昆布、粘りが出るがごめ昆布などを細かく刻んでセットににしたもの。
ここでは、するめいか15g、昆布2種で10gを使用。

●作り方
1、刻んだするめいか(15g)と昆布(10g)を2~3cm長さに切ってボウルに入れ、酒、みりん、しょうゆ、水を加えて軽く混ぜる。

2、にんじんは皮をむき、4cm長さに切り、縦に薄切りにする。
少しずらして並べ、端からせん切りにする(マッチ棒くらいの太さ)。

3、(1)が少ししんなりしたら、にんじんを加えて全体を混ぜ、そのまま1時間以上おいたら出来上がり!

1時間後から食べられますが、冷蔵庫で1日おくとよりしっとり味がなじみます。
保存容器に入れて、冷蔵庫で3日間保存可能。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる