この差って何ですか?縮んだセーターを元に戻すプロ技など

2015年11月29日のこの差って何ですか?で、洋服についた血液をキレイに取る方法、洗濯物の乾燥時間を圧倒的に短くする方法、縮んでしまったセーターを元に戻す方法、ジーンズの色落ちを防ぐ方法が紹介されていました。

洋服についた血液をキレイに取る方法

この差って何ですか? 洗濯

血液汚れを落とすために使うのは「コンタクトレンズ用の洗浄液」
血液汚れが落としづらい原因は、血液に含まれるタンパク質で、血液中のタンパク質は固まる性質があります。

コンタクトレンズ用の洗浄液にはタンパク質分解酵素が含まれるので、タンパク質を分解して血液の汚れを落としやすくしてくれるのです。

コンタクトレンズ用の洗浄液がない場合、生姜で代用できます。
生姜にはタンパク質を分解する働きがあります。
生姜の絞り汁を血液汚れにつけて、1時間ほど置いた後、洗濯機にかければOK。

この差って何ですか? 洗濯

洗濯物の乾燥時間を圧倒的に短くする方法

乾燥機を回す時に乾いたバスタオルを一緒に入れると速く乾かすことができます。
乾燥機は熱風で衣類の水分を蒸発させ乾かしていますが、乾いたバスタオルを入れることによって、バスタオルが衣類の水分を吸収し、より早く乾くことが可能に。

縮んでしまったセーターを元に戻す方法

この差って何ですか? 洗濯

まずぬるま湯にセーターを入れる。
セーター1枚につきコンディショナーを3プッシュ入れ、セーター全体に馴染ませる。
そして平干しをすると・・・元通りに。

この差って何ですか? 洗濯

この差って何ですか? 洗濯

セーターが縮む原因は、毛羽立った繊維が絡み合うため。
髪を洗った時コンディショナーを使わないと髪の毛がパサついて、クシでとかしづらくなるのは髪の毛が絡み合うためで、縮んだセーターにも同じことが起こっています。
コンディショナーでセーターの繊維をほぐしてあげることによって、絡まった繊維がほどけて元のサイズに戻るというワケです。

ジーンズの色落ちを防ぐ方法

色落ちしやすいジーンズを水の中に入れ、「酢と塩」を大さじ1杯ずつ入れる。
そして、30分~1時間ほど浸け置きする。
こうすると洗濯しても色が落ちにくくなります。

この差って何ですか? 洗濯

ジーンズは油分が多いインディゴで染色していますが、多くの洗濯用洗剤はアルカリ性で油分(脂汚れ)を落としやすいのです。
その為、酸性の酢を入れることでアルカリ性が中和され、染料が落ちにくくなるというワケです。
また、塩に含まれる塩化ナトリウムなどは、繊維に染料を定着させ、色落ちを防ぎます。

何回も洗濯すると効果が薄れてしまうので、ジーンズを洗う際は毎回この方法を行って下さい。

こんな記事も読まれています

レシピカテゴリー

新着レシピ

  1. 大根とちくわの塩おでん。浜内千波さんのレシピ。

  2. ヒラタケのとんこつ風小鍋。浜内千波さんのレシピ。

  3. タラと玉ねぎの濃厚みそ小鍋。浜内千波さんのレシピ。

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. みかんの皮が掃除に大活躍!みかん水の作り方。

  2. みかんをカビから守って長持ちさせる保存方法。

  3. デーツは栄養満点!デーツの効果効能。

  1. 洗濯物についたティッシュを取る裏ワザ的な方法

カテゴリー