【得する人損する人】サイゲン大介流!キャラメル酢入りビーフシチュー レシピ

2016年12月29日のあのニュースで得する人損する人は、年末年始に日本人が食べたい7大家庭料理「ビーフシチュー」。
教えてくれたのは、サイゲン大介さん。
牛肉を舞茸と一緒に漬ければホロホロに!
さらに、市販のルーに簡単に作れるキャラメル酢「ハチミツ+酢」を入れればコクがアップ!
スーパーなどで買ってきた安い外国産のお肉を国産和牛のような柔らかさに変身させ、さらに、サイゲンオリジナルの新調味料で物足りなかったビーフシチューが濃厚でコクのある、名店のような高級ビーフシチューに大変身!

あのニュースで得する人 レシピ ビーフシチュー

●材料
・牛肉(スネ)・・・500g
・舞茸・・・100g
・市販のルー・・・80g
・タマネギ・・・50g
・バター・・・大さじ1
・コショウ・・・適量
・酒・・・50ml
・水・・・850ml
・ローリエ・・・1枚

【キャラメル酢】
・はちみつ・・・大さじ1/2
・穀物酢・・・大さじ1/2

【漬け込み用】
・水・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1/4
・砂糖・・・大さじ2

付け合せは、ニンジン・ジャガイモ・ブロッコリーを使用。

Vアップシェイパー

●作り方
1、牛肉にフォークで穴をあけ、保存袋に入れる。

2、刻んだ舞茸を(1)の保存袋に入れて、塩・砂糖・水を入れて軽く揉みこみ、30分漬け置く。

あのニュースで得する人 レシピ ビーフシチュー

肉が硬くなる原因は、加熱によってタンパク質が固まってしまうこと。
舞茸には「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」が多く含まれているので、牛肉と舞茸を一緒に漬け込むことで、タンパク質を分解し、肉が硬くなるのを防ぎます。
さらに、舞茸のうまみ成分「グアニル酸」と、牛肉のうまみ成分「イノシン酸」の相乗効果で牛肉のうま味もアップ!

3、鍋に水、酒、ローリエを入れて、舞茸ごと肉を入れる。

4、蓋をして1時間30分煮込む。
蓋の位置を調整し、煮汁が半分くらいになるのが目安。

5、アクと一緒に舞茸を取り出し、すりおろしたタマネギを入れる。

6、鍋に市販のルーとバターを投入。

7、耐熱容器で、はちみつと酢をかき混ぜて、600wのレンジで1分50秒加熱。
焦げ色がつけばキャラメル酢の完成。

あのニュースで得する人 レシピ ビーフシチュー

キャラメル酢は炒め物や煮込み料理にもコクを与える万能調味料!

8、鍋に焦げ色がついた(7)を投入し、軽くかきまぜたら出来上がり!
お好みでコショウを適量ふりかけて下さい。