網戸の掃除を簡単にする最初のひと手間。100均グッズも併用するとさらに便利!

汚れていると分かっていても億劫になりがちな網戸掃除。
だけど年度末の大掃除にはかかせない網戸掃除。
そんな網戸掃除は最初のひと手間で後の工程を簡単にすることができます。
100均でも購入できる専用グッズがあればさらに簡単お掃除が実現できますよ♪

網戸掃除を簡単にする方法

網戸は見た感じあまり汚れていなくても、外気にさらされているので汚れがけっこう付着しています。

最初から濡れ雑巾で拭いてしまうと、ホコリが雑巾に付着して何度も雑巾を洗わないといけないので掃除が大変に・・・。
雑巾についたホコリって洗うのがすごく面倒くさいですよね。
この大変というイメージが定着してしまって、網戸の掃除が後回しになりがちなんです。

まずこのホコリ汚れを掃除機で吸い取ってあげると網戸掃除がグンと楽になります。
用意するもの

新聞紙
ガムテープ
掃除機

手順① 網戸に新聞紙を貼る

網戸 掃除機 画像

掃除したい網戸の裏側に新聞紙を当て、ガムテープで貼りつけます。
例えば、外側の網戸を掃除したい場合、部屋側の網戸の方に新聞紙を貼ります。

手順② 掃除機でホコリを吸い取る

網戸 掃除機 画像

掃除機を上から下に動かして、網戸表面のホコリを吸い取りましょう。

手順③ 新聞紙をはがす

掃除機をし終えたら新聞紙をはがします。

お次は、100均でも買える網戸掃除専用グッズで簡単に汚れを取っていきます。

網戸掃除は専用グッズを使うと便利!

網戸掃除におすすめの専用グッズをご紹介します。

握って洗えるあみ戸洗い(キャンドゥ)

100均で購入できる網戸の掃除用に作られたスポンジで、テレビでも度々紹介されている人気商品です。

網戸の細かい目にも入り込むスポンジの繊維が特徴的で、頑固な黒ずみ汚れもしっかり落とすことができます。

グリップ部分が持ちやすく、使いやすさも抜群!

掃除の達人 網戸&凹凸面クリーナー(マーナ)

細かい網目の汚れが落とせるマイクロブラシと、通常のスポンジと、両面使えるところが人気です。

初めにマイクロブラシで細かい汚れをかき出し、スポンジ面で磨きます。
仕上げに雑巾で水拭きしたらOK!

アミライト(金鳥)

網戸にアミライトを吹きかけてしばらく放置すると汚れが浮いてくるので、その汚れを雑巾で拭き取るだけでOK!

吹きかけている間に他の場所が掃除できるので、網戸掃除に時間をかけたくないご家庭におすすめです。

まとめ

今回は、網戸掃除の方法をご紹介させていただきました。

  • 網戸についたホコリを掃除機で吸い取る
  • 専用グッズを使う
  • 仕上げに雑巾で水拭きする

この3つの工程で、網戸掃除が劇的に簡単になります!

女子
3か月~6か月に1回くらいのペースで網戸掃除をしておくと年末の大掃除が随分と楽になるんだろうなぁ~と思いながら、やっぱり年1回のペースでしか網戸掃除をしない我が家です・・・。
網戸掃除の関連記事