MENU

【得する人損する人】サイゲン大介流!「ミート矢澤」ハンバーグ再現レシピ

2017 3/04
【得する人損する人】サイゲン大介流!「ミート矢澤」ハンバーグ再現レシピ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年2月23日のあのニュースで得する人損する人は、サイゲン大介のハンバーグレシピ。
材料費241円で「ミート矢澤」の超人気ハンバーグを再現!
肉だねに甘酒を入れるとうま味たっぷり、グレープフルーツゼリーを加えると肉汁ジュワーのハンバーグが作れます。

サイゲン大介 レシピ ハンバーグ

●材料(1人分)
【肉だね】
・牛ひき肉・・・150g
・牛脂(レンジで10秒溶かしたもの)・・・10g
・生甘酒・・・20ml
・タマネギ(すりおろしたもの)・・・10g
・マヨネーズ・・・10g
・塩・・・少々
・コショウ・・・少々
・水(わさびを溶く用)・・・10ml
・チューブわさび・・・2g
・グレープフルーツゼリー(果肉なし)・・・10g
・サラダ油・・・小さじ1

【ソース】
・タマネギ(すりおろしたもの)・・・30g
・しょうゆ・・・20ml
・しょうが(すりおろしたもの)・・・1g
・焼肉のタレ(甘口)・・・25ml
・ウーロン茶・・・10ml

遠藤酒造場 甘酒 遠藤酒造場

●作り方
1、牛脂を電子レンジ600wで10秒加熱し、よく溶かし、ひき肉に加える。

牛脂を入れることで、肉のパサつきを抑えられる。

2、ひき肉に甘酒、タマネギ、マヨネーズ、塩コショウ、わさび(チューブわさびを水で溶いたもの)を加える。

生甘酒を使用することで、うま味たっぷりのハンバーグになる。
米麹から作られた生甘酒には、うま味成分のアミノ酸をたっぷり含む「プロテアーゼ」という酵素が含まれている。
この酵素の働きで、ハンバーグのうま味をよりアップさせてくれます。
ちなみに甘酒の中でも、加熱処理がされたものには、「プロテアーゼ」は含まれていないので注意して下さい。

わさびに含まれる「イソチオシアネート」という成分が、嗅覚を刺激し、臭みをかき消す効果が期待できる。

3、手を氷水につけて冷やす。
さらに、冷やし手袋を装着し、手早く混ぜる。

サイゲン大介 レシピ ハンバーグ

手の体温で脂が溶け出すのを防ぐ。

4、ラップをかぶせて冷蔵庫で10分寝かせる。

5、グレープフルーツゼリーを入れて捏ねて形を成形する。

サイゲン大介 レシピ ハンバーグ

ゼリーに含まれるゼラチンには保水力があり、肉汁を抱きかかえてくれるのと同時に、ゼリー自体も加熱すると溶けて肉汁になるため、肉汁たっぷりのジューシーハンバーグに仕上がるという。
グレープフルーツゼリーが、1番お肉の味を邪魔せず、ほんのり苦味があるのでおすすめ。

成形する時も、手の熱で脂が解けぬよう、冷やし手袋を装着すると良い。
さらに、手にサラダ油を塗ることで、お肉の表面がボコボコせず、滑らかになります。

6、フライパンにサラダ油をひいて、蓋をし、中火(弱)で片面4分焼く。

7、裏返して3分焼く。

8、3分置いて蒸らす。

サイゲン大介 レシピ ハンバーグ

フタをして余熱で仕上げることが大事!
オーブンまではいかないまでも、フライパンの中の熱が逃げず、ゆっくり余熱で火を通すことで肉汁を閉じ込めます。

9、ソースは材料を全て混ぜ、電子レンジ600wで1分温める。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる