手羽先・手羽中・手羽元など骨つきの鶏肉は、下茹でなしで保存することができますが、より美味しく保存するために、冷蔵保存と冷凍保存では方法が少し異なります。
買ってきてそのまま冷凍してもいいですし、下味や味付けして冷凍すると解凍なしで冷凍のまま調理ができるので楽ちんです♪


手羽先・手羽中・手羽元の冷蔵保存方法

1、お肉を流水で洗って、水気をしっかり拭き取る。

2、1本ずつペーパータオルに包み、ラップを巻く。

3、ジッパー付の保存袋に入れて、空気を抜いて閉じる。

4、冷蔵庫のチルド室で保存する。

保存期間の目安3日間

手羽先・手羽中・手羽元の冷凍保存方法

保存期間の目安3~4週間
解凍方法自然解凍または凍ったまま調理する

買ってきたまんま冷凍する方法

1、骨に沿って切り込みを入れておく。

2、酒を少量振って、しばらく置いておく。

3、水気をよく拭く。

4、ラップで包む。

手羽先の場合、2本ずつ向きが互い違いになるようにラップに包むとよい。

5、ジッパー付の冷凍用保存袋(フリーザーバッグ)に入れて、空気を抜いて閉じる。

6、冷凍庫に入れて保存する。

下味をつけて冷凍する方法

手羽中 冷凍 画像

1、醤油ベース、コンソメベースなどお好みの味付けで下味をつける。

2、(1)の調味料とともにジッパー付の冷凍用保存袋(フリーザーバッグ)に入れて、空気を抜いて閉じる。

3、冷凍庫に入れて保存する。

みつきみつき

下味をつけて冷凍すると、解凍なしでそのまま焼いたらOKなので楽ちん!

焼いてから冷凍する方法

手羽中 冷凍 画像

1、鶏肉に塩、こしょうで味付けして、サラダ油を熱したフライパンで焼く。

2、粗熱を取った後、ラップで包む。

3、ジッパー付の冷凍用保存袋(フリーザーバッグ)に入れて、空気を抜いて閉じる。

4、冷凍庫に入れて保存する。

みつきみつき

焼いたものが残ったときにもこの方法で冷凍保存できるから便利!
自然解凍した後温めて食べたり、凍ったまま煮込んで煮物にしたりできます。

次は、おいしいレシピにチャレンジ!